じょぶる広島について

  1. HOME
  2. じょぶる広島について

JOBRU HIROSHIMA『地域社会の活性化。広島を元気に!』
じょぶる広島について

じょぶる広島は、広島県で働きたいあなたと地元の優良企業とのご縁を結ぶ、地元密着型の求人情報サイトです。コロナ禍による閉塞感で暗いムードが漂うなか、大人も子供もなかなか未来に明るい展望を描けなくなっています。そんな現状を打破し、『広島を元気にしたい』という熱い想いを胸に、じょぶる広島が始動しました。広島県の求人に特化した、じょぶる広島には、魅力溢れる地元企業を多数掲載しています。全国向けの求人サイトには載っていない、魅力的な企業を次々とご紹介していきます。じょぶるが、やりがいを持って働ける地元企業と、広島でお仕事をしたい方との幸せなマッチングを叶えます。美しい自然と、豊かな食文化。住環境と通勤環境に恵まれた広島で、あなたも働いてみませんか。新卒の方はもちろん、Uターン、Iターン、Jターンの方も大歓迎です。地元、広島にお住まいの方から、県外、海外の方まで。じょぶる広島は、広島で働きたいすべての方を心を込めてサポートいたします。

じょぶる広島の特長FEATURES OF JOBRU HIROSHIMA

その1.地方の求人情報に強い

掲載企業数は6,400社超え。製造・物流・事務・販売・医療・介護・技術者・建設など、未経験OKのお仕事から技術者、設計・施工など専門分野のお仕事まで、幅広いお仕事を掲載しています。就業後のイメージをクリアに描けるよう、地元ならではの密着取材で、企業理念や仕事内容、会社の雰囲気など盛りだくさんのコンテンツを提供しています。じょぶる広島なら、全国向けの求人情報サイトでは出会えない魅力的な地元企業と出会えること間違いなしです。

その2.様々な雇用形態に対応

じょぶるは、お一人おひとりのライフスタイルにフィットした最適な働き方を応援します。正社員・パート・アルバイト・契約社員など、雇用形態ごとの絞り込み検索を利用すれば、あなたにぴったりの求人が探せます。登録なしで自由に求人検索ができますが、会員登録をしてくださった方限定で、非公開求人の紹介や、ご希望に応じた職場の紹介、就職相談など数々のサポートも行っています。会員登録は無料、ぜひご利用ください。

その3.アドバイザーとの相談から就職後のサポートまで手厚く対応

アドバイザーによる就職相談から就職後のフォローまで。地元に特化したじょぶるならではのきめ細やかなバックアップで、あなたと企業をしっかり繋いでいきます。あなたの希望を叶える雇用形態・就業条件・給与交渉もじょぶるにお任せください。就職した後の、こんなはずじゃなかった!を避けるため、無料相談や各種サポートをぜひご活用ください。登録会員になると、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、手厚いサポートが受けられます。

面接前にこれだけは知っておきたい心構え
(基本編)(応用編)INTERVIEW

◎面接前の心構え(基本編)

就職活動のなかで避けては通れない面接について、どんな心構えで臨めば良いかについてご紹介します。

面接に正解はない 面接に正解はありません。模範解答を丸暗記してしまうと、想定外の質問にうろたえたり、面接官の意図をくみ取れなかったりと、弊害が出てしまいます。伝えたい内容を短時間で簡潔に伝える練習であれば良いのですが、暗記した答えをうまく話すだけの練習は意味がありません。面接の目的は、あなたの考えや人となりを知ってもらうこと。ただ流暢に話す人よりも、つたなくても自分の言葉で話す人の方が信頼されるのではないでしょうか。仮にマニュアル通りの答えで合格しても、後々、会社とのミスマッチに悩まされる恐れがあります。その場しのぎの面接テクニックで早期離職とならないように気をつけましょう。
あなたを採用すべき理由を伝える 面接では、他の志願者ではなく、あなたを採用した方が会社にとってメリットがあるとアピールしなくてはなりません。一度雇用した社員を簡単に解雇できない企業にとって、正社員の採用は大きな投資です。面接官はただ漠然と、入社動機や、自己PRを聞いているのではありません。面接での受け答えを通して、あなたの考え方を探り、会社に利益をもたらすだけの能力とやる気があるのか、そのポテンシャルを見定めているのです。志望している企業を良くリサーチし、どんな人材が求められているのかを把握したうえで、採用する価値があると認めてもらえるような自己アピールを心がけましょう。
過去より未来をアピール 企業が採用したいのは、将来活躍してくれそうな人材です。面接では、学生時代や過去の職場で頑張ってきたことを取り留めなく話すのではなく、入社後の仕事に役立ちそうな経験やスキルに的を絞って話しましょう。この人を雇えば、きっと会社に貢献してくれるに違いないとアピールすることが大切なのです。また同時に採用担当者が見極めたいのは、その人が入社後にどのぐらい頑張れるのか、どのぐらい成長できるのかということです。これまでの人生で困難にぶつかった時に、どう乗り越えてきたかをしっかり伝えることができれば、入社後にトラブルが起きても前向きにやり抜く力があると期待してもらえるでしょう。
面接の質問は決まっている どこの企業でも、面接で聞かれることは大体同じです。だからこそ事前の入念な準備が面接の結果を左右します。求人票をよく読み、その企業が求めるスキルや人物像を明確にしてから、自己アピールの方向性を考えましょう。過去の実績や経験をいくら熱心に話しても、それが企業の求めるものとずれていれば、興味を持ってもらえません。特に志望動機については、自分なりの考えをしっかりまとめておきましょう。また面接では、立ち居振る舞い、話し方、表情、すべてを見られています。面接官に『この人と一緒に仕事をしたい』と感じてもらえるよう、心の通うコミュニケーションを心がけましょう。
◎面接前の心構え(応用編)

次に実際の面接で気をつけたほうが良いことについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

文章で書けないことは話せない 面接で自分に与えられる時間はわずか。その中で自分の考えを分かりやすく伝え、なおかつ面接官に興味を持ってもらわなくてはなりません。結論が何なのか分からない話を延々と聞かされれば、面接官も苦痛に感じるはずです。考えていることを端的に表現できるよう、まずはアピールしたいことを書き出してみましょう。仮定の問答集を作り、実際に話す練習をするのもお勧めです。この時、実際の面接と同じように話し言葉で書くのがポイントです。また自分ではうまく話せているつもりが、相手には真意が伝わっていないこともよくあることです。周りの客観的な意見も取り入れるようにしましょう。
面接は慣れ コミュニケーション能力の高い人でも、なかなか実力を発揮できないのが面接です。ビジネスシーンや敬語に不慣れな学生であれば、なおさらでしょう。面接という特殊な場で自分をうまく表現するには、やはりそれなりのトレーニングが必要です。模擬面接や話す練習も役立ちますが、実際にたくさんの面接を経験し、面接自体に慣れることで次第にスムーズに話せるようになってきます。また実際に多くの面接を経験することで、声の小ささ、速さ、相手が話し終わるのを待たずに発言してしまうなど、面接時にやりがちな自分の欠点に気付くことができます。第一志望の面接には、ぜひそれらの欠点を修正して臨みましょう。
知ったかぶりは失敗のもと 面接で知らないことを尋ねられたら、知ったかぶりをするのはやめましょう。多くの人と面接を重ねてきた面接官は、リアクションから知ったかぶりだと見抜いてしまいます。その場合、不誠実な人間だというマイナス評価を受けるかもしれません。また重ねて質問をされた場合、しどろもどろになってしまい、その後の面接に影響する可能性もあります。ただし無言になる、分かりませんと一言だけ答えるなどはNG。「勉強不足で分かりません、これからしっかり勉強させていただきます」などと謙虚に学ぶ姿勢を見せることが大切です。正直に答えたうえで、意欲や熱意を感じさせる受け答えをするのがポイントです。
ベストを尽くす 懸命に就職活動をしても、なかなか採用されない時、運のせいにしたくなる気持ちは良く分かります。しかしそこでへこたれずに、まだ何かできることはないか探して、行動してみませんか。インターネットや新聞で志望する企業の情報を探したり、説明会や就活イベントに参加したり、まだまだできることがあるかもしれません。自分一人で戦っていると思うと、苦しくなってきます。そんな時には、周りの人に客観的なアドバイスを求めるのもお勧めです。最大限の努力をしてきたという自負があれば、面接にも自信を持って臨めるはずです。運や縁を口にするのは、ベストを尽くしてからにしましょう。

履歴書・職務経歴書で見られるポイントPOINT

履歴書は、氏名や連絡先、年齢、学歴や職歴、取得した資格や志望動機など、応募者のプロフィールを知るための書類で、採用後は人事資料として保管されます。履歴書で一番注目されるのが志望動機と自己PRの部分です。応募企業の商品やサービスの魅力、企業理念などをきちんと理解し、なぜ他社ではなく、その会社で働きたいのかを自分の言葉で表現しましょう。また自己PRは自分の経験や強みを入社後どう活かせるのか、志望動機とリンクする形で表現すると効果的です。ビジネスマナーに則って履歴書が作成できているか、記載ミスはないかを提出前に必ずチェックしましょう。
職務経歴書は、過去の業務経験やスキルを知るための書類で、WordやExcelを使いA4用紙1~2枚にまとめるのが一般的です。内容はもちろん、読みやすいレイアウトを心がけましょう。過去の経歴がどれだけ立派でも、応募企業とマッチしていなければ戦力外と判断されてしまいます。職務経歴書では、具体的な仕事内容と実績に加え、今後その経験やスキルを応募企業でどう活かしていきたいのか、将来の展望まで表現するのがポイントです。また転職理由が納得できるものかどうかは特に注視される部分です。できるだけポジティブな表現を心がけましょう。

履歴書で見られるポイント

  • ビジネスマナーに則った書類作成ができているか
  • 学歴や職歴に矛盾がなく、一貫したキャリアを築けているか
  • 転職回数や理由に問題はないか(組織への適応力があるか)
  • 自社の業務に活かせるような経験や資格を保有しているか
  • 自社を志望した動機は適切か、志望意欲はどの程度か
  • 勤務場所や働き方などの希望が自社の希望とマッチしているか

職務経歴書で見られるポイント

  • これまでに経験した業務内容や勤めてきた企業・業種
  • 本人が希望する業務内容と経験やスキルが合致しているか
  • 自分自身の強みがどこにあるのかを理解できているか
  • 自分自身のプレゼンテーションが効果的にできているか
  • 前向きで説得力のある「転職を希望する理由」があるか
  • 仕事に対して前向きに取り組める人材かどうか

まずは自分を知ろうSOCIAL STYLE

まずは自分を知ろう SOCIAL STYLE

ドライビング「思い通りにやらせてよ」タイプ(感情:小 自己主張:大)

ドライビング「思い通りにやらせてよ」タイプ

ドライビングタイプは、最短で目標を達成したいリーダータイプ。合理的で仕事ができるので、経営者に向いている人です。「感情をあまり表に出さない」、「短い言葉ではっきりと自己主張をする」、「リスクを恐れずスピーディーに行動する」、「プロセスよりも結果を重視する」、などの特徴があります。無駄を嫌い、スピード感を大切にするので、要領を得ない話し方が大の苦手。遠回しに伝えようとすると、「それで、結論は?」と話を遮られ、イライラされてしまうかもしれません。ドライビングタイプと話す場合は、結論を先に伝え、そのあとで目的や根拠を簡潔に話しましょう。またドライビングタイプは長文メールを好みません。ぱっと見ただけで中身が分かる件名と、短文、箇条書きの文章がお勧めです。また根っからのリーダータイプであるドライビングタイプは、他人から指示されるのを嫌う傾向にあり、周りとなかなか歩調を合わせられません。大人しく、常に周りとの調和を大切にするエミアブルタイプとは正反対です。しかしチームで仕事をする場合、尊敬されはしても周りを委縮させがちなドライビングタイプにとって、空気を和ませてくれるエミアブルタイプは貴重な存在になるはずです。

エクスプレッシブ「盛り上がっていこう」タイプ(感情:大 自己主張:大)

エクスプレッシブ「盛り上がっていこう」タイプ

エクスプレッシブタイプは、感情表現が豊かでノリが良く、グループの中心にいるようなタイプ。優れた発想力を持ち、トレンドにも敏感で、起業家に向いている人です。「おしゃべり好き」、「フレンドリー」、「創造力がある」、「新しいことが好き」、「意思決定がスピーディー」、などの特徴があります。面倒見が良く、ムードメーカーになれる楽しい人ですが、その場のノリを大事にするので、時間にルーズだったり、気分で行動しがちだったりするところがあります。エクスプレッシブタイプがリーダーになった場合、みんなが気軽にアイデアを出しやすく、新しい発想が生まれやすい反面、詰めが甘くなり、目指すべきゴールにたどりつけなくなることも。雰囲気重視のエクスプレッシブタイプと話す場合は、話の腰を折って嫌なムードにしないこと、自分の気持ちを素直に伝えることが大切です。メールをする場合も、堅苦しい文面より、本音を素直に表現した熱意ある文章のほうが好感を持たれるでしょう。自己主張が苦手で論理的なアナリティカルタイプとは正反対ですが、冷静なアナリティカルタイプがエクスプレッシブタイプをフォローすれば、仕事の成功率がグッと上がるかもしれません。

エミアブル「みんなのために頑張る」タイプ(感情:大 自己主張:小)

エミアブル「みんなのために頑張る」タイプ

エミアブルタイプは、周りの意見を大切にする縁の下の力持ちタイプ。集団の調和を大切にするので、福祉系の仕事やサービス業などに向いています。「周囲の気持ちに敏感」、「調和を重視」、「聞き上手」、「共感性に優れている」、「人間関係を築くのが得意」、などの特徴があり、優しく穏やかで、困っている人がいれば声をかけずにはいられません。周りの声に耳を傾けるのが得意なので、自然と良好な人間関係を築ける人です。そこにいるだけで集団の雰囲気を和やかにしてくれますが、周りの意見を優先しすぎて、優柔不断になる面も。周囲の期待に応えたいという気持ちが強いので、他人の仕事を引き受け、キャパオーバーになってしまうことがあるかもしれません。またエミアブルタイプの人は気配り上手な反面、周りの言動を気にしすぎるところがあります。特にドライビングタイプのようなぶっきらぼうな態度をとる人が苦手です。しかしエミアブルタイプの人がドライビングタイプのサポート役に回れば、良いパートナーになれる可能性があります。繊細なエミアブルタイプの人と話す時は、クッション言葉を使うのがお勧め。メールをする際は、労りや気遣いを感じさせる表現を使いましょう。/p>

アナリティカル「計画通り」タイプ(感情:小 自己主張:小)

アナリティカル「計画通り」タイプ

アナリティカルタイプは、冷静沈着で感情をあまり表に出さないタイプ。一人で黙々と仕事をするのが得意なので、専門性と正確性が求められるエンジニアやプログラマーなどに向いています。「感情表現が控えめ」、「論理的」、「常に冷静」、「用意周到」、「周りに振り回されにくい」、などの特徴があります。データの収集や分析が得意で、常にリスクを最小限に抑えながら、粘り強く仕事を進めていきます。断言を避ける傾向にあり、自己主張はあまりしません。理屈っぽく、どちらかというと集団行動が苦手なので、人間関係を築くには時間がかかるタイプです。スピード感を大切にするエクスプレッシブタイプとの相性が今ひとつですが、アナリティカルタイプに即答を求めるのはNG。長考したいタイプなので、何か意見を聞きたい場合は、事前に「○○日までに○○の件で意見を聞きたい」などと伝え、考える時間を確保してあげましょう。またアナリティカルタイプに何か説明をしたい場合は、数字など客観的なデータを示すと効果的です。メールの返信が遅い人が嫌いなので、あまり時間を置かずに返信すること、要件に書き漏れがないかを慎重にチェックすることをお勧めします。

TA分析 まずは自分の癖を知ろうTRANSACTIONAL ANALYSIS

エゴグラムとは、私たちの心を6つの自我状態に分類し、その優位性で自分の性格を診断するものです。自分の癖を知り、お仕事探しや対人関係の参考にしてください。

チェックシートの質問
  • CP(社会的行動)チェック
  • FC(自己表現能力)チェック
  • NP(対人関係行動)チェック
  • AC(自己抑制能力)チェック
  • A(現状認識能力)チェック
  • RC(自己顕示能力)チェック

点数の付け方は以下の通りです。

あまりない…………………0点
時にはそうである…………1点
だいたいそうである………2点
全くそのとおり……………3点

それぞれの傾向についてTREND

CP(社会的行動)について

CPが優位な人は、統率力があるリーダータイプです。昔ながらの頑固おやじのような人で、規律やけじめ、秩序、道徳を重んじ、子供や部下を厳しく指導します。「○○しなさい」、「○○すべき」、などが口癖です。他人に規律を守るように強く求める一方、自分にも厳しく、規律やけじめをきっちり守ろうと努めます。真面目で几帳面、責任感があって、統率力に優れ、組織のリーダーにぴったりです。みんなを引っ張っていく力があり、話術も巧みなので、自然とトップに上り詰めていくでしょう。その反面、口うるさいところがあるので、周りの人に少々煙たがられているかもしれません。また自分の考えを押し付けがちな点が心配です。自己主張が強く、アドバイスを聞き入れないところがあるので、威圧的な態度をとり続けていると、人が離れていく可能性も。そのような部分をコントロールできれば、きっと頼もしいリーダーになれるに違いありません。逆にCPの低い人は、責任感に乏しい、ルーズ、規則を守らない、成り行き任せ、信念がない、すぐに妥協する、などの特徴があります。物事の良し悪しを判断する能力に乏しく、恩を受けた相手にさえ義理を欠くような行動をとる場合があります。

NP(対人関係行動)について

NPが優位な人は、優しく愛情豊かなサポータータイプです。両親の愛情に包まれ、大切に育てられてきた人が多いのではないでしょうか。まるで世話好きの母親のように、人を慰め、元気づける力があります。困っている人を見ると放っておけず、自然と手を差し伸べる人です。共感性が高く、気配りができるので、看護師や保育士、介護の仕事などに向いています。親切で包容力があり、一緒にいると人をほっとさせてくれます。いわゆる癒し系かもしれません。人に尽くすことが好きで、喜ぶ人の顔を見て自分も幸せになれる人です。その反面NPが高い人は、どうしても人を甘やかしてしまうところがあります。お節介を焼いてしまうのです。過保護や過干渉から、周りの人の甘えや依頼心を増長させ、結果的に自立心を奪って、人の成長を妨げてしまうことも。また善意でしたことを『押しつけがましい』、『余計なお世話』と嫌がられる場合があるので気をつけなくてはなりません。逆にNPの低い人は、人に対して冷淡で人情に欠ける面があります。コミュニケーション能力を高め、良好な人間関係を築けるよう、何事も人の身になって考えるように努めた方が良いかもしれません。

A(現状認識能力)について

Aが優位な人は、評論家タイプです。常に冷静沈着で、客観的事実やデータを元に判断する、コンピューターのような人です。周りからは現実的を通り越し、打算的だと見られる場合があるかもしれません。物事を論理的に考えテキパキ行動する、いわゆるデキる人。何をやらせても器用にこなす職場になくてはならない有能な人材です。計画に沿ってコツコツと仕事を進められるので、プログラマーなどに向いています。物事だけでなく、人に対しても一定の距離をとろうとするので、揉めることは殆どないものの、冷たい印象を与えてしまうかもしれません。先を見通す力や、人の本質を見極める力があり、経営者や政治家の中にはA優位の人が、かなり多くいるようです。ただAが高い人は感情表現に乏しく、周りにいる人には人間味に欠けていると思われがちです。また一人で黙々と仕事をするのが好きなので、少し近寄りがたい雰囲気があります。たまには周りの人とコミュニケーションをとるよう努めましょう。逆にAが低い人は、無計画で行き当たりばったり。感情的なので、社会人としては致命的かもしれません。少しずつでも、論理的思考を身につける努力をしていきましょう。

FC(自己表現能力)について

FCが優位な人は、芸術家タイプです。天真爛漫で自由奔放、無邪気な子供のような人です。自分の感情や欲求に素直で、心のおもむくままに行動します。とことんマイペースな自由人なので、周りの人を振り回してしまいそう。明るくエネルギッシュで壁を作らず、人を楽しませるのが大好き。いつも集団の真ん中にいる人気者です。そこにいるだけで、場をぱっと華やかにするような不思議な魅力があります。創造力や発想力が豊かなので、発明家や芸術家に向いています。エンターテイメントの世界でも活躍できるかもしれません。裏表がないのは良いのですが、時々無自覚に人を傷つけてしまいます。わがままで自分勝手な人だと思われたり、好奇心が強く行動的なところを落ち着きのない人だと見られたりするかもしれません。また我慢が苦手で、無責任なところがあるので、周りの人のことも少しは考える必要がありそうです。一方FCが低い人は、消極的で少し嫌なことがあると、なかなか気分を変えられず、引きずってしまいます。ちょっとしたことでストレスをためやすく創造力に欠けるので、クリエイティブな仕事には不向きです。FCが高い人と比べて、あまり人生を楽しめないかもしれません。

AC(自己抑制能力)について

ACが優位な人は、いわゆる優等生タイプです。素直で、人の期待に応えようとする気持ちが強く、場の空気を読んで行動します。人と接する仕事、秘書や公務員などに向いています。常に控えめで謙虚、辛抱強く、協調性のある穏やかな性格なので集団の調和を保つのに欠かせない人です。とても真面目で誠実なうえに仕事もそつなくこなすので、上司からも信頼されているでしょう。ただ他の人と意見が違っても、それを抑えて合わせようとするところがあります。人当たりの良い人格者だと思われていますが、嫌な仕事にもノーと言えず引き受けてしまうような面がありそうです。ACが強い人は自分を抑圧してしまう傾向があり、くよくよしがちな性格です。他人に合わせて無理をし続けていると、心が疲れ、鬱になってしまう恐れもあります。協調性があるのは良いことですが、人に気を遣い過ぎているなと感じたら無理をしないように気をつけましょう。また流されやすいところがあるので、付きあう相手を選んだ方が良いかもしれません。逆にACが低い人は、協調性に欠け、他人の意見に耳を傾けません。対人関係でトラブルが多い傾向にあるので、接客業は避けた方が無難かもしれません。

RC(自己顕示能力)について

RCが優位な人は、起業家タイプです。逆境に強く、自立心に富んだチャレンジ精神のかたまりです。競争心が旺盛で何事にもエネルギッシュに挑戦していきます。ストレスにも強いので、経営者に向いています。RCが高い人は、権威的な態度を取る人が苦手です。子供の時に親から厳しいしつけをされたか、あるいは過保護な親のお節介に反発心を抱いてきたのではないでしょうか。自分の欲求や感情を抑えつける親に抵抗するなかで、不屈の精神を養ってきたのかもしれません。RCが高い人は厳しい状況に置かれれば置かれるほど本領を発揮し、くじけずゴールまで走り抜きます。その反面、物事に対してムキになりやすく、なかなか自分の意見を曲げられません。不平不満を抱きやすく、文句ばかり言って人間関係を壊す人もいるようです。強がりなので助けを求めることもできません。もう少し助言を聞き入れたり、周りに頼ったりすることを覚えましょう。一方RCが低い人には、根性がありません。少しでもトラブルが発生すると、挑戦せずに諦めてしまいます。ピンチや逆境に弱く、一人で生きていけるような強さがないのです。まずは努力する姿勢を身につけ、メンタルを鍛えましょう。

サポートメンバー紹介SUPPORT MEMBER

井村 拓

井村 拓
nosco staff

ニックネーム イムタク
趣味 美味しい店探し・麻雀
お客様への
メッセージ
こんにちは!笑顔と元気が自慢の井村 拓です。ニックネームはキムタク……ではなくイムタクです。どうぞ気軽に声をかけてください。趣味は食べ歩きと麻雀です。お勧めの店があれば、教えてくださいね。「じょぶるに任せて良かった」と言っていただけるよう、お客様にぴったりのお仕事探しを精一杯サポートさせていただきます。どうぞよろしくお願いします。

柄脇 将史

柄脇 将史
nosco staff

ニックネーム ツカ
趣味 フットサル・ゴルフ・旅行
お客様への
メッセージ
身体を動かすことが大好きな柄脇 将史です。私の苗字、何と読むか分かりますか?つかわきと読むんです。ニックネームはツカ、どうぞ覚えてください。趣味はフットサルとゴルフに旅行です。早くコロナが収束して、自由に旅行が楽しめるようになると良いですね。お客様との出会いに感謝し、希望に沿うお仕事をご紹介できるよう日々精進していくつもりです。一緒に頑張りましょう。

二宮 亮祐

二宮 亮祐
nosco staff

ニックネーム ニノ
趣味 ギター
お客様への
メッセージ
二宮 亮祐、通称ニノです。よろしくお願いします。趣味は音楽鑑賞とギターで、休日はお気に入りの曲を聴いたり、ギターを弾いたりして過ごすのがお気に入りのスタイルです。お客様の価値観や仕事に対する考え方をきちんとヒアリングして、幸せな未来に繋がるよう全力でアシストします。分からないことや、不安なこと、何でもお気軽にご相談ください。

三本 真実

三本 真実
nosco staff

ニックネーム みも
趣味 料理・ペットと遊ぶ
お客様への
メッセージ
こんにちは三本 真実です。ニックネームはみもです。趣味は料理とペット。毎日いろいろな料理に挑戦して楽しんでいます。今はペットと戯れている時が一番幸せです。なかなか就職が決まらず一人で悩んでいる方は、ぜひじょぶる広島をご利用ください。これまでの経験が活かせるお仕事、お客様のポテンシャルを十分発揮できるお仕事を、私たちと一緒に探していきましょう。

NEWSイベント情報一覧

イベント情報一覧

BLOGスタッフブログ

スタッフブログ一覧

ページトップ