スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池購入のポイント】 40.単独型とハイブリッド型について

BLOG【蓄電池購入のポイント】 40.単独型とハイブリッド型について

街中も徐々にイルミネーションが増えてきましたね。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『単独型とハイブリッド型について』です。

蓄電池には、「単独型」と「ハイブリッド型」がありますが、その解説に入る前に、パワーコンディショナー(パワコン)について、解説します。

 

まず、太陽光発電ですが、そのシステムで発電した電気を家庭用電気としてリアルタイムで使用したり、蓄電池に電気を貯めたりすることができます。

その際、太陽光発電と蓄電池のそれぞれにパワコンが必要になります。

 

少し補足しますと、太陽光発電側のパワコンは、太陽光発電でつくられた電気(直流)を、家庭で使用できる電気(交流)に変換する装置で、蓄電池に貯める際のパワコンは、一旦家庭で使用できるようになった電気(交流)を、蓄電池に貯める用(直流)に変換する装置になります。これを単独型と一般的に呼んでいます。

 

一方、ハイブリッド型蓄電池とは、太陽光発電と蓄電池のパワーコンディショナー(パワコン)とが、一台にまとめられたシステムです。電気は変換するたびに、ロスが生じてしまうため、

パワコンが一つのハイブリッド型蓄電池ですと、そのロス(回数)を減らすことができます。

 

ただ、ハイブリッド型の蓄電池を導入する場合、現在設置している太陽光発電のパワコンを交換する必要があり、新しくまだ使える場合だとしても、無駄になってしまいます。

 

さらに、注意しておきたいことは、導入するハイブリッド型蓄電池が、太陽光発電システムと同じメーカーでなければ、太陽光発電システムのメーカー保証がなくなることがあります。

つまり、太陽光発電と同一メーカーの蓄電池しか選べないということです。

 

一方、単独型の蓄電池の場合は、製品保証が無くなってしまうといったことはないので、太陽光発電と同一メーカーしか選べないといったことを気にせずに、好きな蓄電池を選べます!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町

一覧へ戻る

ページトップ