スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の陥りがちなトラブル】 26.リチウムイオン蓄電池の熱暴走について

BLOG【蓄電池の陥りがちなトラブル】 26.リチウムイオン蓄電池の熱暴走について

昨日からえびす講がはじまりましたね。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『リチウムイオン蓄電池の熱暴走について』です。

2013年1月に発生したボーイング787の飛行機発火事件をご存知でしょうか?

この事件では、ボーイング787に搭載されていたリチウムイオン蓄電池の異常な発熱が、

事故原因だと報じられていました。

そして、当時はリチウムイオン蓄電池が悪者扱いでしたが、色々と調べていくと、搭載されていたリチウムイオン蓄電池の製造自体に問題があったようです。

 

確かに、リチウムイオン蓄電池は、素材の構造的な問題で異常な高温や衝撃によって、熱暴走(※熱暴走とは化学や回路設計の分野で用いられる用語で、化学や回路設計の分野で用いられる用語で、発熱が更に発熱を招くという正のフィードバックにより、温度の制御ができなくなる現象、あるいはそのような状態)や発火の可能性はあります。

 

しかし、各メーカーもリチウムイオン蓄電池と自社のブランドイメージを落とさないよう

素材や構造での更なる工夫、第三者機関での試験など、安全面の研究に力を入れています。

 

ですので、そもそも蓄電池を高温になる場所に設置しない、などの注意事項をしっかりと守っていれば、家庭用の蓄電池で発火するなどの問題はありません。

 

さらに、安心安全な優良メーカーの蓄電池を導入し、しっかりと知識と技術のある販売店などに設置してもらえば、まったく心配いりませんので、安心して導入してください!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ