スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の賢い使い方】 23.非常時の出力について(一般負荷・特定負荷)

BLOG【蓄電池の賢い使い方】 23.非常時の出力について(一般負荷・特定負荷)

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『非常時の出力について(一般負荷・特定負荷)』です。

蓄電池の停電時におけるバックアップ機能には、大きく分けて2つのタイプがあるようです。

 

1つ目のタイプは、「一般負荷」と呼ばれるもので、 蓄電池を設置する際、停電時に給電する配線系統を選ばないものです。

家中すべての電源をバックアップしてくれる4Rエナジー製の蓄電池や、長州産業やPanasonicのスタンドアロン型蓄電池がこれにあたります。

 

2つ目のタイプは、「特定負荷」と呼ばれるもので、停電時おいて、あらかじめ設定しておいた電化製品や部屋に自動的に電気が流れるタイプです。

1つ目同様に蓄電池の機種で申し上げますと、京セラや東芝、SHARPの蓄電池が該当します。

 

ちなみに、特定負荷の場合では、停電時において、自動的に蓄電池から電気が供給されるというメリットはありますが、前述のように、あらかじめ設定しなければなりません。

 

また、同じメーカーの蓄電池でも、機種によって、一般負荷か特定負荷かは変わるようですので、購入する際には、しっかりと事前確認は必要ですね!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ