スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の基礎知識】 17.太陽光パネルの寿命について

BLOG【蓄電池の基礎知識】 17.太陽光パネルの寿命について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『太陽光パネルの寿命について』です。

前回は蓄電池の寿命についてお伝えしましたが、太陽光パネルの寿命はどのぐらいか、

正確に聞かれたことはありますでしょうか?

 

前回、蓄電池の寿命は「実際に20年や30年間、長期間使われた事例が今のところ存在しないため、確実な情報ではない」とお伝えしました。

 

実は、太陽光パネルにはすでに長期間使用された事例があります。

もっとも有名なものが千葉県佐倉市の「ソーラーエネルギーセンター」の実証実験例で、34年間、正常に運転しております(2018年現在)。

 

30年以上前に作られた太陽光パネルでも、今でも元気に稼働しているということです。

現在は、技術も向上しているので、30年以上使えるのは間違いないでしょう!

 

この太陽光パネルの寿命を知って、一つ疑問を抱かれた方がいると思います。

「固定買取期間は10年間じゃなかった?残りの20年間はどうするの?」

これに関しては、別のテーマで解説いたします!

 

どうしても気になるという方は、下記よりお問い合わせください!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ