スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の基礎知識】 16.蓄電池の寿命について

BLOG【蓄電池の基礎知識】 16.蓄電池の寿命について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『蓄電池の寿命について』です。

スマートフォンも使っていくごとに、最大まで充電した時の「使用可能時間」が短くなっていきますよね?

特に電化製品は”経年劣化”により性能が下がっていきますが、

リチウムイオン蓄電池も同じで「寿命」というものがあり、性能は下がっていってしまうのです。

 

蓄電池の寿命を表す指数として「サイクル数」というものを1つ、覚えておくと便利です。

この「サイクル数」はズバリ、”蓄電池が充放電を繰り返せる回数”のことであり、発売されているメーカーごとにこれが公表されています。

 

基本的には、蓄電池を設置しているご家庭では”1日・1サイクル”で充放電を繰り返すので、「サイクル数÷365日」が、もちろん「使用方法」や「使用環境」によって変化します。

 

では、製品別のサイクル数を見ていきましょう。以下が主な製品の「サイクル数」になっています。

メーカー

品番

サイクル数

期待寿命年数

オムロン

KP-BU65-A

8000サイクル

約22年

 

KP-BU98-B

8000サイクル

約22年

長州産業

CB-LMK64A

8000サイクル

約10年

Panasonic

LJB1156K

非公開

4Rエナジー

EHB-240A040

非公開

SHARP

JH-WB1622

12000サイクル

約33年

 

JH-WB1821

12000サイクル

約33年

 

JH-WB1711

非公開

伊藤忠商事

LL3098HOS

6000サイクル

約16年

ニチコン

ESS-H1L

非公開

 

ESS-U2L

非公開

 

ESS-U2M

非公開

京セラ

EGS-LM1201

非公開

 

EGS-ML0650

8000サイクル

約22年

最もサイクル数の小さいもので8000サイクル、大きいもので12000サイクルです。

つまり10年程度と期待されている物から30年程度と言われている物まですごく幅が広いですよね。

 

ただしこの年数はあくまで「期待寿命年数」です。

実際に、20年も30年も使用された蓄電池はありませんから「確実な数値」ではなく、公表を避けている蓄電池のメーカーもあることも覚えておくとよいかもしれません。

今回登場した「経年劣化」や、「製品ごとの保証」については、別のテーマでもっと詳しくお伝えしていきますね。

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ