スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の基礎知識】 9.導入にかかる費用・価格について

BLOG【蓄電池の基礎知識】 9.導入にかかる費用・価格について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『導入にかかる費用について』です。

前回の記事では、蓄電池の「機器ごとの価格」についてお伝えしましたが、

実際の設置には「機器」を設置・運用するための工事費として、追加で費用が掛かってきます。

Panasonicの「スタンドアロン型」等を除けば、ほぼすべての商品で工事が発生するものですので、しっかり覚えておきましょう。

 

単に蓄電池の工事といっても、太陽光発電導入の時のように様々な工程があるため、順を追ってご紹介いたします。

 

まずは「①蓄電池自体の搬入」です。蓄電池は意外と重く、大容量のものであれば100㎏~200㎏ほどあるため、2人・3人の工事スタッフによる大がかりな搬入となります。

また「②分電盤の工事」も必要です。蓄電池への充電・蓄電池からの放電を行う分電盤を設置し、

既存の分電盤との接続、その分電盤と非常時に使用する配線を繋ぐ工事と、合計3種類の作業が必要となります。

さらに屋外に設置する場合、蓄電池本体を置くための「③基礎工事」や、屋内の分電盤と屋外の蓄電池を繋ぐための「④配線工事」なども必要となります。

 

設置する機種や、ご自宅の状況によっても変化しますが、一般的な工事費用としては、①~④全てでおおよそ20~30万円程度必要になります。

 

「工事代」が多く必要になると言って、高額な導入費を請求しようとする会社も少なくありません。

心配なときは、お近くの販売店にお問い合わせするのが良いのではないでしょうか。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ