スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の基礎知識】 5.出力について

BLOG【蓄電池の基礎知識】 5.出力について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『出力について』です。

前々回で少しだけ「出力(kW)」について解説させていただきました。

「結局のところ、停電時にどの家電製品が使えるの?」「私の家ではどのくらいの出力があればいいの?」と気になりますよね。

そこで今回は、「出力」について、テーマを絞って詳しく解説させていただきます。

 

「出力」についても前回の「容量」と同じく、

蓄電池の選ぶポイントは、他の家電と一緒で、各ご家庭の人数や年齢など使い方によって変わります。

「停電時の備えとして、停電時の使いたい家電は?どの部屋で電気を付けるか?」を考えると、必要な出力が見えてきます。

 

こちらが一般的な家電製品の出力となります。

あくまで一例ですので、正確な数値は、お使いの製品をご確認ください。

照明:50W

エアコン(冷房):650W(※)

エアコン(暖房):750W(※)

テレビ:150W

こたつ(弱):100W

ホットカーペット(3畳用):800W

冷蔵庫(40L):190W

電子レンジ:1500W

洗濯機(8kg):600W

電気ケトル:250W

携帯電話の充電:15W

IH調理器(弱):700W

パソコン:100W

 

具体例を挙げて考えてみましょう。出力が6kWの蓄電池ならば、上記の中から合計6000Wまで同時に使えます。

つまり、照明3部屋・エアコン・テレビ・冷蔵庫・電気ケトル・携帯電話の充電・パソコンが、停電時でも3時間連続で使用することが可能です。これだけ使えれば、停電時でも安心ですよね!

 

しかし、高出力の電子レンジやIHは同時に使う事は難しいので、

停電時も不自由なく料理などをしたい方はより、高出力のものをお選び下さい。

 

蓄電池を購入する前に、停電時にどの家電を使いたいかイメージしてみてはいかがでしょうか?

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ