スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の基礎知識】 4.容量について

BLOG【蓄電池の基礎知識】 4.容量について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回のテーマは『容量について』です。

前回,『kW(出力)kWh(容量)の違い』についてお伝えしておりましたが、いかがでしたか?

今回はもっと深くこの蓄電池の”容量”について,詳しく解説をできればと思っております。

 

蓄電池の容量は3kWh12kWhまで、大小バリエーションは多種多様です。ひとくちに蓄電池といっても、どの容量が適切なのか、よく分からないと思いませんか?

ある程度金額が容量に比例はしてきますが、それも製品機能・工事費などでも変わってきます。

「私のうちではどの容量を買えばいいの?」というお問い合わせを多数いただいております。

 

蓄電池の選ぶポイントは、各ご家庭の人数や年齢など使い方によって変わります。

例えば、冷蔵庫なら、「運動部の3人兄弟が食べ盛りで、食材をたくさん入れられる大容量がいい」「夫婦二人でほとんど外食だから、小さいもので十分OK」などと決めるのではないでしょうか。

 

実は、蓄電池選びでもほとんど同じ。

・昼の高い電気を、深夜の安い電気でまかなう場合、「昼間の電気使用量」は?

・太陽光で作った電気を蓄電池に貯めて夜も使う場合、「夜の電気使用量」は?

・停電時の備えとして「停電時の使いたい家電製品」は?停電時どの部屋で電気を付けるか?

等々…実際の用途を考えてみると、必要な容量が見えてくるはずです。

 

今ですと容量は78kWhが一般的になってくるのではないでしょうか。

停電時に短時間しか使えなかったり、十分に経済メリットが出せなかったりします。

逆に、必要な容量よりも大型のものであっても、太陽光の搭載容量が小さかったりするとキャパシティを十分に活用できずに持て余してしまうことになるため、もったいないでしょう。

 

蓄電池を導入する際には一度、ご家庭の電気をどの程度・どの時間帯に使用しているか?見直すことをお勧めしています。

 

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

 

一覧へ戻る

ページトップ