スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【ニチコンの蓄電池(11.1kWh)】 183.蓄電池の基本性能(容量・出力・設置場所・設置環境・非常時の電力使用可能時間)

BLOG【ニチコンの蓄電池(11.1kWh)】 183.蓄電池の基本性能(容量・出力・設置場所・設置環境・非常時の電力使用可能時間)

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回はニチコンの蓄電池(11.1kWh) ESS-U2Mシリーズ

に関して、『基本性能(容量・出力・設置場所・設置環境・重さ・非常時の電力使用可能時間)』をお伝えします。

 

まず容量ですが、容量は11.1KWhと、家庭用蓄電池の中では大容量です。

定格出力は2.0kW±5%となっており、標準的といっていいかもしれません。

 

設置場所は屋外の設置タイプで、基本的には、家屋北側の日中直射日光が当たらない場所へ設置することになります。ただしH1シリーズ、U2シリーズ用には別売の日よけ板が製品化されており、日よけ板の使用によって家屋南側にも設置可能な場合があります。

 

屋内への設置の際は、重量物のため床等の設置場所の耐荷重強度が必要となります。基礎工事等の条件を満たしていれば可能ですが、震災転倒時など人体へ影響のない場所に設置ください。重量は182㎏ありますので、それなりの重量物です。

 

最後に、非常時の電力使用可能時間ですが、

いつ発生するか分からない地震などの災害時、停電が続くとお年寄りや赤ちゃんのいるお宅では暗くて不便な夜を長期間過ごさなくてはならないかもしれません。そんな「もしも」の時でも、常時3kWhの電力を蓄電システムに蓄えておくことが可能な設定になっています。

 

また、停電時には蓄電システムからの電力供給に自動で切り換わります。リビング用シーリング照明・冷蔵庫・液晶テレビ・携帯電話充電器などの標準的な家電を最大24時間使用できます。

また、常時備えておける3.3kWh(30%)の電力を通常時は使わずに非常時のために蓄えておく設定になっており、いつ停電が発生しても標準的な家電を約7時間(平均的な家庭における試算値であり、保証値ではありません。)は使用し続けることが可能です。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ