スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【ニチコンの蓄電池(12kWh) 】 179.メリット・デメリットまとめ

BLOG【ニチコンの蓄電池(12kWh) 】 179.メリット・デメリットまとめ

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回は、前回に引き続きニチコンの蓄電池ハイブリッドタイプ12kWh< ESS-H1L>についてお伝えします。今回のテーマは『この蓄電池のメリット・デメリットまとめ』です。

ニチコンの蓄電池ハイブリッドタイプ12kWh< ESS-H1L>のメリットは、

・通常時・自立運転時の出力が非常に高く、停電時でもほぼすべての電化製品を使うことができる。

・容量が大きい:12kWhで、現存の商品の中では最大クラス。

・メーカー保証期間が15年間と長く、太陽光をより有効活用できる。

・ハイブリッドパワコンに対応しており、変換ロスの少ない効率的な充放電ができる。

 

ニチコンの蓄電池単機能タイプ12kWh< ESS-H1L>のデメリットは、

・運転モードが2つのみと比較的少なく、ご家庭によっては活用しきれない可能性がある。

・大容量かつハイブリッドパワコン対応の為、本体価格が高くなってしまう。

・ゼロから満タンになるまで充電するのにかかる時間が4時間と、少しだけ長い。

といった点が挙げられます。

 

メリット・デメリットをしっかりと確認し、各ご家庭にマッチした蓄電池を選択することが非常に重要です!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ