スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【ニチコンの蓄電池(12kWh) 】 175.停電時の使い方について

BLOG【ニチコンの蓄電池(12kWh) 】 175.停電時の使い方について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

 

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

今回はニチコンの蓄電池(12kWh) <ESS-H1Lシリーズ>より、『停電時の使い方・充電までの時間について』をお伝えいたします。

停電時には、蓄電システムからの電力供給に自動で切り替わるようになっています。

 

また、本モデルは「特定負荷」と呼ばれ、特定の回路に接続された家電製品のみを使用することができます。

メーカー様のパンフレットでは、「一般的な標準家庭で、リビング用照明、冷蔵庫、液晶テレビ、携帯電話充電器などの標準的な家電を最大23時間使用することができます」と記載があります。

これは停電した際にリビングにご家族の皆様が一堂に会しても、特段の不自由なく、生活できることを意味しているようお考えいただけるとよいかもしれませんね。

 

同じニチコンの機種に「全負荷」といって、お家の電気がほぼすべて使用できるような使い方もすることができますが、その分ロスも多く、電気を使用することができる時間は短くなります。

停電の時にどのような使い方をしたいか?一度ご検討されてはいかがでしょうか。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ