スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【ニチコンの蓄電池(12kWh) 】 172.パワコンの特徴(ハイブリッドタイプ)について

BLOG【ニチコンの蓄電池(12kWh) 】 172.パワコンの特徴(ハイブリッドタイプ)について

まるで梅雨みたいに天気がスッキリしない日が多いですね。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回は、前回に引き続きニチコンの蓄電池ハイブリッドタイプ12kWh< ESS-H1L>についてお伝えします。

今回のテーマは『ハイブリッドパワコンについて』です。このニチコンの蓄電池ハイブリッドタイプ12kWh< ESS-H1L>は、同じモデルの単機能タイプ12kWh< ESS-U2L>と非常に似ていますが、一点大きな違いがあります。

その違いが「パワコン」で、この蓄電池はハイブリッドパワコンを採用しています。

 

そもそも「パワコン」とは「パワーコンディショナー」の略称で、直流の電気を家庭で使える交流の電気に変換したり、交流の電気を蓄電池に充電できる直流に変換する装置です。

 

一般的な単独型の蓄電池の場合、太陽光発電と蓄電池のそれぞれにパワコンが必要です。電気はパワコンで変換されるたびに、ロスが生じるため従来のパワコンでは2回ロスが生じる訳です。しかし、ハイブリッドタイプのこの蓄電池はパワコンを一つに統一することができます。その為、変換で生じる電気ロスを減らせます。せっかくの太陽光で作った電気を、変換ロスで無駄にはしたくないですよね!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ