スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【SHARPの蓄電池(6.5kWh)JH-WB1711】 159.運転モード(経済モード・クリーンモード・充電モード)

BLOG【SHARPの蓄電池(6.5kWh)JH-WB1711】 159.運転モード(経済モード・クリーンモード・充電モード)

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回はSHARPの蓄電池(6.5kWh)JH-WB1711に関して、『運転モード(経済モード・クリーンモード・充電モード)』をお伝えします。

 

基本的には、(4.2kWh)JH-WB1621と(8.4kWh)JH-WB1622と同様です。

まず「経済モード」ですが、こちらのモードは、売電しながら節約し、家計をサポートするモードです。夜間の割安な電力を蓄電しておき、太陽光発電で余った電力は売電にまわします。

貯めた電力は発電量が少ない朝夕などの時間帯に使用することで、割高な昼間の電力の購入を抑えることができるのです。

放電パターンも設定することができ、「自動」か「時刻指定」が出来ます。「自動」とは、昼の割高な時間帯で、売電していない間に自動的に放電する設定です。

「時刻指定」とは、昼の割高な時間帯で、指定した開始時刻から放電し始める設定です。

 

「クリーンモード」は、エネルギーの自給自足を目指し、環境に配慮する運転モードです。

昼間に太陽光発電で作った電力のうち、家の中で使いきれなかった電力を貯めて、発電量が少ない時間帯などに使用します。

これによって、太陽光発電でつくるクリーンな電力をより多く使うことができ、電力の購入量を抑えることができます。もちろん、家の中で使いきれず、蓄電池も満充電になって余ってしまった場合は売電を行います。

また、グリーンモードを選択していても、「夜間充電あり」を選択すれば、夜間の割安な電力を充電して、昼間に使うこともできるのです。

 

最後に「充電モード」ですが、このモードはその名の通り、充電を優先して非常時に備えるモードです。蓄電池への充電を優先的に行うことで、蓄電池残量が少ない場合や非常時に備えられます。日常的には他のモードに設定しておき、上記のケースで蓄電池残量を増やす場合に使用します。充電モードに設定し、充電が完了すると待機状態となります。

そしてその後24時間経過すると、経済性モード(自動)に移行します。台風や豪雨などの荒天が予想される時であったり、夏場の節電要請時などに活用すれば、停電に備えたり節電に貢献できますね!ただし、昼間・夜間・太陽光発電の電気を問わず充電するので、高い電気も貯めてしまうことに要注意です。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ