スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【SHARPの蓄電池(8.4kWh)JH-WB1622】 157.メリット・デメリットのまとめ

BLOG【SHARPの蓄電池(8.4kWh)JH-WB1622】 157.メリット・デメリットのまとめ

 皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回はSHARPの蓄電池((8.4kWh)JH-WB1622)に関して、『まとめ』をお伝えします。

 

この蓄電池のメリットをまとめてみると、

・ハイブリッドパワーコンディショナを採用しているので、太陽光発電のパワコンの置き換えで導入できるため省スペースである。また、パワコン買い替え時に購入すれば、蓄電池導入の実質負担額も少なくて済む

・クラウドHEMSと連動して、さらにかしこく蓄電池を使える

・蓄電池の状態異常を見守ってくれるWebモニタリングサービスが無料で受けられる

・平常時の充放電や、停電時の蓄電池への切り替えを自動で行ってくれる

・メーカー保証を10年間も受けられる上、蓄電池本体だけでなくマルチエネルギーモニタやパワコンも対象となっている

・約12,000回の充放電が可能な高性能蓄電セルである

・マルチエネルギーモニタでは、太陽光と蓄電池、そしてエコキュートもモニタリングと操作が可能である

・屋外/屋外兼用タイプなので、重塩害地域や寒冷地でも屋内で設置することができる

・8.4kWhもの大容量であり、太陽光発電からの電気を充電しながら使えるので、使い方にもよるが、3日間電気を使用することもできる

 

続いて、この蓄電池のデメリットをまとめてみると、

・高機能のパワコンもシステムのひとつになっているため、kWhあたりの単価が比較的高い

・「経済性モード」での夜間電力活用メリットでも、導入費用をまかなえるほどの経済メリットが出ない

・太陽光発電を設置している家庭では、既に設置しているパワコンを撤去しなければならないので、その工事も発生してしまう

・太陽光発電からの入力回路が2回路しかないので、屋根の形状が複雑で、3面以上設置している家庭では設置ができない

・屋内設置タイプであるが、幅70cm×高さ60.5cm×奥行き36cmであるため、ある程度スペースを取ってしまう

以上が挙げられます。メリット・デメリットの両面を理解し、納得した上で、蓄電池を導入されることをオススメしていますので、分からないことがあれば何でもご相談ください!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ