スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【Panasonicの蓄電盤(スタンドアロン 5kWhタイプ)】 135.使い方(平常時・非常時)について

BLOG【Panasonicの蓄電盤(スタンドアロン 5kWhタイプ)】 135.使い方(平常時・非常時)について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回はPanasonicの蓄電池(スタンドアロン5kWhタイプ)<LJ-SF50A>に関して、『使い方(平常時、非常時)について』お伝えします。

 

まず平常時の使い方ですが、この蓄電池は基本的には電力会社の電気を貯めるタイプなので、家の中のコンセントに繋いでおく必要があります。

 

その電気を使う時には、蓄電池本体前面部の2口コンセントに対して、使いたい機器のコンセントプラグを差し込む必要があります。

あるいは分電盤にも電気を送ることが出来るので、屋内照明やコンセントに給電することも可能ですが、太陽光発電からの発電状況に関係なく、タイマー設定だけで充放電を行うのでダブル発電となってしまい、売電単価が下がってしまいますので要注意です。

また、そのタイマー設定も本体の液晶タッチパネルから簡単に操作出来ますので、誰でも使うことが出来ます。

 

そして、非常時の使い方としては、蓄電しておいた電力を、あらかじめ設定した機器に自動で給電することができます。

しかし、停電時であれば、電力会社からの電気を貯めることは出来ませんので、充電を行うためには太陽光発電から充電をするしかありませんが、この蓄電池は分電盤を介した太陽光発電からの充電が出来ないため、太陽光発電システムの自立運転モードを活用して充電するしかありません。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ