スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【Panasonicの蓄電盤(壁掛けタイプ)】 133.この蓄電池のメリット・デメリットまとめ

BLOG【Panasonicの蓄電盤(壁掛けタイプ)】 133.この蓄電池のメリット・デメリットまとめ

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて今回は、Panasonicの蓄電池(壁掛けタイプ)<LJ-SG10A>に関して、『この蓄電池のメリットのまとめ』をお伝えします。

 

この製品のメリットとしては、

・他の製品と比較して、何よりも安い(定価39万8000円)ので、お手軽に非常時・停電対策を行うことが出来る

・自動的に給電してくれるタイプなので、停電時には主導での操作なしに電気を使えるように切り替えてくれる

・壁掛けタイプなので、屋外・室内で設置スペースを奪われる心配がない

・設置してもダブル発電にならないため、太陽光発電からの売電について、高い売電単価をキープできる

 

この製品のデメリットとしては、

・蓄電容量が1kWhとかなり少ないので、停電時のバックアップの持続時間が大きく取れない

・定格出力が500VAであり、停電時に同時にバックアップ可能な機器がかなり少ない。また、旧式のものであれば、冷蔵庫やテレビなどの必要最低限の機器すらもバックアップしきれないおそれがある

・意外と設置環境に制約があること(室温0℃~40℃以内、湿度20%~85%、20kgの重さに耐えられる壁であること、45dBまでの騒音値でも問題がない場所であること)

・非常時に、太陽光発電から給電を行うためには、手動でパワーコンディショナーを自立運転モードに切り替えた上で、入力操作を行わなければならないこと

 

従来100万円以上、本格的な屋外設置タイプであれば200万円をも越えていた蓄電池に対して、最もネックになりがちであった価格面と、設置場所の問題を一挙に解決する商品となっています。

したがって、他の製品よりも購入のハードルを下げたものになっていますので、そのメリットはお手軽に設置できて、簡単な停電対策を行うことが出来るという点に集約されます。

一方で蓄電池としての性能が高くないこと、それでいて設置環境の制約は変わらずあるという点がデメリットとなっています。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ