スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 123.設置を避ける場所について

BLOG【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 123.設置を避ける場所について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『創蓄連携システム(パワーステーション、蓄電池ユニット)の設置を避ける場所について』です。

 

以前にも少し触れましたが、改めて、パワーステーション、蓄電池ユニットそれぞれの設置を避ける場所をお伝えいたします。

 

パワーステーションの設置を避ける場所は、以下の通りです。

<設置が禁止されている場所>

・系統電源が100Aを越える場所

・高圧受電契約内の建物

・地盤面にコンクリート床の基礎工事(アンカーボルト固定)が出来ない場所

・周囲温度が-20℃以下あるいは40℃以上の場所、直射日光が当たる場所

・常時湿度が高い場所

・騒音(約45dB以下)について厳しい制約を受ける場所

・積雪により製品が埋没する場所

・湿度変化が激しい場所(結露なきこと)

・標高が1000mを越える場所

・<耐塩害仕様>海岸線より約300m以内の場所(内海は300m以内に設置可)

※「耐塩害仕様」でないパワーステーションは海岸線から1km以上離れた場所に設置すること

・海水飛沫および潮風に直接さらされる場所

 

また、リチウムイオン蓄電ユニットの設置を避けるべき場所は、以下の通りです

<設置が禁止されている場所>

・屋外

・窓際など雨のかかる場所

・周囲温度が動作温度範囲(0℃~40℃)外の場所の設置

・洗面所や脱衣所、台所のような著しく湿度の高い場所

・騒音(約30dB以下)について厳しい制約を受ける場所

・湿度変化が激しい場所(結露なきこと)

・標高が1000mを越える場所

以上です。

 

この設置条件をきちんと守らなければ、メーカーの認証が降りず、メーカー保証の適用外となってしまいます。きちんとした業者であれば、問題なく設置してくれますが、ずさんな業者でないかどうかを見極めるためにも、知っておかないといけませんね。

もし、お客様のご家庭が大丈夫かどうか不安な場合は、お気軽にお問い合わせください!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ