スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【Panasonicの製品について Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 119.持続可能な周辺機器(太陽光発電、パワーコンディショナー、HEMS)について

BLOG【Panasonicの製品について Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 119.持続可能な周辺機器(太陽光発電、パワーコンディショナー、HEMS)について

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)に関して、今回のテーマは『接続可能な周辺機器(太陽光発電、パワーコンディショナー、HEMS)について』です。

 

創蓄連携システムは、前回のブログにてご紹介しました通り、

太陽光発電と蓄電池との電気連携を効率よく行うことをコンセプトにした一体化システムです。

そのため、新築時に、太陽光発電と蓄電池とをセットで新たに導入される場合は、とくに問題はありませんが、既築住宅で太陽光発電を既に設置されている場合、このシステムを導入できないおそれがあります。

それというのも、接続できる太陽光発電のパネルに制約があるためです。

「メーカーによる相性」といったようなものです。

 

また、既にお持ちでいらっしゃる既設のパワーコンディショナーについては、創蓄連携システムのパワーステーションがその役目も兼ねるため、そもそも相性の問題はなく、接続箱と同時に取替え工事が必要になります。

 

また、HEMSについては、Panasonicは「AiSEG2」という商品ブランド名で展開しています。

Panasonicは家電メーカーでもある強みを活かし、そのAiSEG2対応のエアコンやAiSEG2対応のIHクッキングヒーター、AiSEG2対応のエコキュートも発売しています。

 

創築連携システムもEchonet-Liteを採用しているので、他社のHEMSでも見える化ができます。しかし、他のPanasonic製の家電製品も合わせてAiSEG2で管理できることを考えると、

すべてをPanasonic製品で揃えた方が効率や使い勝手は良くなりますね!

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ