スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【長州産業の製品について 長州産業の蓄電池(6.4kWh)CB-LMK46A】 112.太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)

BLOG【長州産業の製品について 長州産業の蓄電池(6.4kWh)CB-LMK46A】 112.太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)

週末いかがお過ごしでしたでしょうか。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回も、引き続き長州産業の蓄電池(6.4kWh)CB-LMK64Aについてお伝えします。

今回のテーマは『太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)について』です。

 

それでは、早速ですが、「押上効果」について説明します。押上効果とは、太陽光発電を設置している建物に蓄電池を導入する場合に太陽光発電の売電と被る時間帯に蓄電池からも放電することを言います。つまり、「売電に回せる発電量自体が増えること」を言います。

 

次に「ダブル発電」についてです。

太陽光によって発電された電力を、家庭内で使用する電力として、まかないながらも、売電中も蓄電池から放電して使用電力をまかなう方式をダブル発電といいます。

 

さて、この「押上効果」と「ダブル発電」ですが、売電中に蓄電池で家庭内の電力をまかなうと、その分だけ太陽光発電によって生み出された電力が多く余ることになります。

 

つまり、それによって多く売電することができ、日中に蓄電池の電力を使うほどに売電収入が増えていくことになります。

 

これでは節電意識を広めたい国の考えとは合わないですし、ダブル発電を導入していない方との不公平が生じてしまいます。

 

そこで、収益の差を広げないよう「ダブル発電を導入していると買取価格を下げる」という事で調整しています。ダブル発電にもメリット・デメリットがあるのです !

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ