スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池の今後の展望】 85.V2Hについて

BLOG【蓄電池の今後の展望】 85.V2Hについて

皆さま、こんにちは。

広島で蓄電池のことならノスコがイチバン!

NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。 今回のテーマは『V2Hについて』です。

これまた、前回の「VPP」に引き続き、耳に馴染みのない言葉だと思います。

「V2H」とは「Vehicle to home」の略で、車で蓄えた電気を家で使う事を指します。 つまり、普段停まっている車も蓄電池として使うことができます。 この「V2H」の具体的なメリットしては、

1. 太陽光発電で作った電気を電気自動車に貯めることができ、エネルギーの自給自足をアシストします。

2. 電気代の安い深夜に電気を電気自動車に貯めて、昼間に使う事で電気代を節約する事ができます。

3. 万が一、停電が起きても電気自動車に貯めた電気があるので、生活をバックアップしてくれます。 このように「V2H」には、「走る蓄電池」のような役割があります。さらにガソリンではなく、電気で走るので、環境に優しい車になります。

しかし蓄電池単体とは異なり、車検代、自動車税、その他諸々の費用がかかるので、あまり車に乗らない方にはオススメしておりません。 新しい商品は次々と登場してきますので、ぜひ慎重に選んでご検討くださいね。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ