スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 【蓄電池が注目されている理由】 68.自然災害の多さ ~台風編~

BLOG【蓄電池が注目されている理由】 68.自然災害の多さ ~台風編~

こう寒いとコタツで1日ゆっくりしたいものですね。

広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン!

NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。

 

今回からは、蓄電池が注目を集めている理由を見てみようと思います。

さて、今回のテーマは『自然災害の多さ~台風編~』です。

 

蓄電池のメリットに、非常時・停電時の備えになるという点が挙げられます。

日本での災害として主に挙げられるものには、まず台風があります。

気象庁のデータから、中国地方への台風の接近数を見てみると、

2017年:3回

2016年:3回

2015年:4回

2014年:4回

2013年:3回

2012年:2回

2011年:4回

と、毎年2回以上、年平均で約3.28回も接近している事が分かります。

 

また、気象庁データによると、1時間降水量50ミリ以上の年間観測回数(全国)は、2008~2017年の平均が237.8回と、1978~1987年の平均164回に比べて約1.45倍と増えているそうです。

 

こうした非常時・停電時への電源の備えとして、少なくとも避難するための準備時間を作る電源として、注目を集めているのが蓄電池です。

 

起きた直後の敏感な時は備えているために被害が小さくて済みます。しかし、災害はまた、その痛みを忘れた頃に起きます。

いつが「その時」かは誰にも分かりませんが、大切な家族を守るためにも、電源以外にも、水や食料、非常時用のライトなど、常に万全な備えをしておきたいですね。

 

<広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ>

ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!

hiroshima-info@n-lifenet.com

 

<対応可能エリア>

広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

一覧へ戻る

ページトップ