スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ

BLOGスタッフブログ

  • 2019/02/12
    【Panasonicの蓄電盤(壁掛けタイプ)】 131.特徴について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、今回からはPanasonicの蓄電池(壁掛けタイプ)<LJ-SG10A>についてお伝えします。 これは業界初の壁掛けタイプであり、「蓄電盤」と言われています。   容量はわずか1kWhなので、あかり・冷蔵庫・テレビなどのような停電時に必要な、本当に最低限だけの電気を確保するための製品です。   また、分電盤のように壁に掛けられるので空間を有効活用でき、屋外・屋内のどちらにせよネックになりがちな設置場所の問題もありません。   当然、蓄電池としての機能も備わっており、夜間に停電したときは、スイッチの操作を行わなくても自動でスイッチが切り替わって給電を始めてくれます。 (ブレーカー1は約5秒後に、ブレーカー2は約7分後に蓄電池給電に切り替わり、接続機器にのみ電力が供給されます。なお、蓄電池の保護のため、冷蔵庫はブレーカー2への接続が必須です)   そして、太陽光発電のパワコンからの入力端子も内蔵しているので、停電時であれば太陽光からも充電できます。 ただし、入力電力は約180Wであり、更にその際に接続できる負荷は約120W以下が目安と、かなり小さいです。   なお、この蓄電池は定価が39万8000円と、数ある定置用蓄電池の中でも特に小さく、お求めやすくなっています。 当然容量も少ないですので、蓄電池のエントリーモデルといったところですね。 <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/08
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 130.メリット・デメリットのまとめ
     今日頑張れば、明日から3連休という方も多いのではないでしょうか。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『この蓄電池のメリット・デメリットのまとめ』です。   この蓄電池のメリットとしては、 ・パワーコンディショナーが太陽光発電と蓄電池で一体になっているので配線と設置場所が少なくて済む ・100V/200V出力タイプは、エネファームからの充電、オール電化への給電が出来る ・蓄電池は屋内設置型なので、設置環境の基準が比較的容易 ・ダブル発電にならないので、売電単価が高いままである ・停電時でも、手間のかかる操作なく蓄電池からの放電に切り替わる。更に太陽光発電やエネファームからの充電が出来る ・点検停止機能が付いているので、事故を未然に防げて安心 ・HEMSも合わせて設置する場合、家電メーカーということもあり対応している家電機器が多い といった点が挙げられます。   一方、デメリットとしては、 ・太陽光発電をすでに設置している場合、ほぼPanasonic製HITシリーズのパネルでないと、このシステムを導入できない、対応していない (「HIT Nシリーズ」、「HIT Bシリーズ」、「STDシリーズ」のみ) ・蓄電池ユニットは屋内設置だが、パワーステーションは屋外設置であり、結局は標高や積雪の制約を受けることになる ・100Vタイプの場合、非常時にエネファームからの充電が出来ない ・通常時に実際に使える蓄電池の容量がかなり少ない ・売電の押し上げ効果がないので、売電量が増えない ・蓄電池本体に対するメーカー保証が1年しかない ・kWhあたりの価格が相場よりも高い(一体型のパワコンになるため) ・一定水準になると、メーカーのメンテナンスを受けなければならない、「点検停止機能」が付いている ・点検停止機能が動作する容量の水準が明記されていない が挙げられます。   いかがでしょうか? ご存知であったこと、知らなかったこと、どちらもあったかと思います。 まだまだ製品の価値が伝わりきっていないのが現状ですが、少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。何か分からないことがあれば、お気軽にご相談くださいね!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/08
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 129.点検停止機能について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『点検停止機能について』です。   この「点検停止機能」は、Panasonicの他の蓄電池にも搭載されている機能です。   蓄電池は、使用を続けていれば徐々にその蓄電性能が劣化してきます。 それは仕方のないことですが、期待される寿命がある程度決まっており、それを超えての使用は安全とは言い切れない部分があります。   それというのも、リチウムイオン蓄電池は、本来高温になってしまえば異常発熱し、暴走してしまうことで、発火したり爆発してしまう危険性も持っている素材であるからです。   創蓄連携システムの蓄電池ユニットは、セル・モジュール・システムと三重の安全設計を施しているので安全ではありますが、内部機器の劣化による事故が起きる可能性は全くのゼロではありません。 そこで、充電可能容量が一定の水準まで衰えてきたら、「点検停止」するようになっており、メーカーから点検を受けないと再度の使用が出来ないようになっています。   明確にその容量が示されていませんが、同じPanasonicのスタンドアロン型蓄電池は初期の60%という区切りを設定しているので、創蓄連携型も同じ60%ではないかと考えられます。 以上が、点検停止機能についてでした。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/07
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 128.値段について
    県内にある美術館では、春をテーマにした展覧会が今週から催されています。 まだまだ冷えますが春もすぐそこまで来ているのでしょうか。 NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『値段について』です。 システムの組み合わせによって価格が違うので、先日も、戸惑われたお客様からお問合せをいただきました。   まず、リチウムイオン蓄電システムは、定価が116万円です。   これに対し、パワーステーションは「停電時100V出力タイプ」と「停電時100V/200V出力タイプ」、そしてそれぞれ「一般仕様」と「耐塩害仕様」の2種類があるので、合計4種類のバリエーションがあります。 それぞれ、 「100Vタイプ・一般仕様」は63万円(本体58万円、ベース5万円) 「100Vタイプ・耐塩害仕様」は67万円(本体61万円、ベース6万円) 「100V/200Vタイプ・一般仕様」は75万円(本体58万円、ベース17万円) 「100V/200Vタイプ・耐塩害仕様」は79万円(本体61万円、ベース18万円) となります。   さらに、停電時に蓄電池からの給電に切り替えるための機器として、「電力切替ユニット」というものを設置しなければなりません。 これが 「100Vタイプ(単相2線)」は12万円 「100V/200Vタイプ(単相3線)」は14万円 です。   以上の通り、既設の太陽光発電設備を創蓄連携システムに変更する場合、191万円~209万円がかかってくるということですね。 なお、この金額に加えてさらに工事費がかかってきます。   ちなみに、kWhあたりの価格が41万円~44万円程度です。 パワコンの機能も含んだシステムなので、単純に他のメーカーとの比較は出来ないですが、相場よりもやや高めの金額設定になっていますね。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/07
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 127.使い方(平常時・非常時)について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『使い方(平常時・非常時)について』です。   平常時の使い方は、非常に簡単です。専用のモニターあるいはHEMSのモニターから選択したい運転モードを選べば、自動的にそのモードの設定通りに充放電を行ってくれます。 モードによって、経済メリットや環境メリットなどのメインとする価値が違っていますので、お客様が期待する効果を出すことが出来ます!   停電時の使い方としては、停電時に蓄電池からの給電に自動的に切り替わります。 ただし、切り替わる際に、数秒程度のタイムラグが発生します。そのため、生命に関わる医療用機器や、精密機器などは故障の原因ですので、接続しないようにしてください。   なお、100V出力タイプでは、太陽光発電からのみの充電ですが、100V/200V出力タイプであればエネファームからの充電を行うことも可能です。   そして、100V出力タイプは、停電時は100Vの機器にしか放電できませんが、100V/200V出力タイプは、停電時に200Vの機器にも放電出来ます。 そのため、エコキュートなどのオール電化や大型のエアコンなども使用できるため、お湯や空調が変わりなく使えます。 そうはいってもやはり消費電力は大きいので、使いすぎには要注意ですよ。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/06
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 126.太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)について
    イチゴ狩りがチラホラ始まりましたね。 個人的には練乳をかけるよりもそのままの甘さが大好きです。 NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『太陽光発電との連携(押し上げ・ダブル発電)について』です。   この創蓄連携システムは、太陽光発電システムと蓄電システムとで、互いに弱点を補い合うというコンセプトで作られていますので、売電中は蓄電池からの放電はありません。 また、家庭での消費電力を蓄電池でまかなってあげて、売電量を増やすということもありません。 したがって、押し上げ効果もダブル発電もないので、売電単価や売電量が変わることはなく、現状の高い売電単価のままで売電を行うことが出来ます。   ただし、停電時100V/200V出力タイプで、エネファームも合わせて設置する場合はダブル発電の売電単価に変わってしまいます。 その時は、売電単価が下がってしまいますが、蓄電池からの放電による押し上げ効果もありませんので、売電量も増えず、太陽光発電からの売電金額は単価下落分がそのまま目減りしてしまいますので、注意してくださいね!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/06
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 125.メーカー保証について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『メーカー保証について』です。   Panasonicの製品には「機器瑕疵保証」があり、この創蓄連携システムは、「機器瑕疵10年保証」が適用できます。 (ただし蓄電池ユニットや電力切替ユニットは1年間の保証です)   保証の対象は、 ・保証の対象機器の製造上の不具合が発見された場合。 (お客様の故意、または過失による場合は、対象外となります) ・製造上に起因する太陽電池モジュールの割れ。 の2つです。   ただし、この保証には条件があります。 ・当社が定めた登録施工店による設置工事であることのほか、工事内容により保証範囲が異なる場合があります。事前に販売店にご確認ください。 ・保証申請手続きにあたっては、お客様のご同意・ご捺印をいただいた申込書と販売店作成の申請書類を、販売店より当社宛に提出いただくことが必要となります。販売店にご確認ください。 という2つが保証の条件です。   新築時など、太陽光発電も付いていない状態から創蓄連携システムを設置する場合は、設置時から10年の保証です。(太陽光発電に出力保証も付きます) 既設の太陽光発電システムを創蓄連携システムへの追加設置の場合は、新たに設置した接続箱・パワーステーションは、設備変更日からの保証になります。   繰り返しにはなりますが、蓄電池ユニットの保証は1年しかないので要注意ですよ。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/05
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 124.充電時間と非常時の電力使用可能時間について
    もう2月、あっという間に1月が終わってしまった気がします。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『充電時間と非常時の電力使用可能時間について』です。   この蓄電池、4.65kWhモデルの充電時間は約4時間です。(※25℃の場合の満充電まで)   そして、気になる非常時に使える時間の長さですが、満充電の状態から、 ・冷蔵庫(50W)を24時間 ・テレビ(100W)を3時間 ・LED照明(50W)を4時間 ・通信機器(100W)を3時間 というふうに使用した場合、約2日間は蓄電池のみで機器使用できるそうです。 (※Panasonic実験住宅(HIT233/21枚搭載)にて2日間雨天が続いた日に満充電から計測開始)   さらに、創蓄連携タイプは太陽光発電からも充電できるだけではありません。100V/200V出力モデルのみにはなりますが、エネファームからも充電が出来ます。そこで、晴天時や、非常時でもガスが通っていれば、もっと長い時電気を使えます。   ただし、この機器は必要最小限のものしか選んでいませんので、使いたい機器を増やしていけば、当然ながら使用できる時間は短くなってしまいます。 また、その際も、自立運転時の蓄電池からの出力も2kVA(100Vで最大20A、200Vで最大10A)まで(およそ1.5kW~2kWまで)なので、こちらも要注意です。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/05
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 123.設置を避ける場所について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『創蓄連携システム(パワーステーション、蓄電池ユニット)の設置を避ける場所について』です。   以前にも少し触れましたが、改めて、パワーステーション、蓄電池ユニットそれぞれの設置を避ける場所をお伝えいたします。   パワーステーションの設置を避ける場所は、以下の通りです。 <設置が禁止されている場所> ・系統電源が100Aを越える場所 ・高圧受電契約内の建物 ・地盤面にコンクリート床の基礎工事(アンカーボルト固定)が出来ない場所 ・周囲温度が-20℃以下あるいは40℃以上の場所、直射日光が当たる場所 ・常時湿度が高い場所 ・騒音(約45dB以下)について厳しい制約を受ける場所 ・積雪により製品が埋没する場所 ・湿度変化が激しい場所(結露なきこと) ・標高が1000mを越える場所 ・<耐塩害仕様>海岸線より約300m以内の場所(内海は300m以内に設置可) ※「耐塩害仕様」でないパワーステーションは海岸線から1km以上離れた場所に設置すること ・海水飛沫および潮風に直接さらされる場所   また、リチウムイオン蓄電ユニットの設置を避けるべき場所は、以下の通りです <設置が禁止されている場所> ・屋外 ・窓際など雨のかかる場所 ・周囲温度が動作温度範囲(0℃~40℃)外の場所の設置 ・洗面所や脱衣所、台所のような著しく湿度の高い場所 ・騒音(約30dB以下)について厳しい制約を受ける場所 ・湿度変化が激しい場所(結露なきこと) ・標高が1000mを越える場所 以上です。   この設置条件をきちんと守らなければ、メーカーの認証が降りず、メーカー保証の適用外となってしまいます。きちんとした業者であれば、問題なく設置してくれますが、ずさんな業者でないかどうかを見極めるためにも、知っておかないといけませんね。 もし、お客様のご家庭が大丈夫かどうか不安な場合は、お気軽にお問い合わせください!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/04
    【Panasonicの製品について】 122.リチウムイオン蓄電池ユニットについて
    今年の方角は東北東でしたね。 これを読んでピンと来た方、恵方巻です。召し上がった方も多いのではないでしょうか。 NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   さて、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)<LJB1156>に関して、今回のテーマは『リチウムイオン蓄電池ユニットについて』です。   パワーステーションが停電時100Vタイプでも、停電時100V/200Vタイプでも、接続するリチウムイオン蓄電ユニットは同じものです。 ただし、100V/200Vタイプには、蓄電池を2台設置することが出来ます。   この蓄電池は定格容量が4.65kWhです。(2台設置の場合は9.3kWh) しかし、平常時の放電深度が60%なので、普段、実際に使えるのは2.79kWhになってしまいます。   また、ゼロから満充電までの時間は約4時間です。(25℃の環境において) そして、この蓄電池は屋内設置で、大きさ(外形寸法)は横450mm×縦600mm×奥行き156mmです。(固定用金具は含まず) また、重さは約60kgと、他メーカーのものよりも軽くなっています。   そして気になる価格ですが、この蓄電池ユニットだけの定価価格は116万円です。 パワーステーションと合わせて設置するので、この金額と、選んだパワーステーションとの金額の合計金額が、太陽光発電を既に設置している場合の創蓄連携システムの導入費用となります。 以上が、リチウムイオン蓄電池ユニットの基本性能に関するご説明でした。 設置が出来ない場所については、次回また詳しくご説明致します。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/04
    【Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム】 121.パワーステーション(100V/200V出力タイプ≪XLJP25532/255328≫について
     皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。 Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)に関して、今回のテーマは『パワーステーション(100V/200V出力タイプ)<XLJP25532/255328>について』です。 前回は100V出力タイプを取り上げましたが、今回取り上げるのは「100V/200V出力」タイプです。こちらは停電時の自立運転でも100Vと200Vの出力があるため、電気方式も単線3相式なので、オール電化への給電だけでなく、エネファームからの充電も出来ます。 この100V/200V出力タイプにも、100V出力タイプと同じように、「一般仕様」と「耐塩害仕様」の2種類のバリエーションがあります。 こちらも耐塩害仕様であれば、海岸線から300m以上1km以内の場所でも設置することが出来ます。(ただし、直接海水のしぶきがあたる場所や、海岸線から300m以内の場所には設置は出来ません) この2種類のいずれも基本性能は同じです。 太陽光発電からの入力は5系統まで可能で、蓄電池への充電の定格電力は1.5kW、蓄電池からの放電の定格電力は2.0kWです。 系統への出力電圧は交流202Vで、電気方式は単相2線式(単相3線式配電線に連携)です。 またパワーコンディショナーの機能としては定格出力が5.5kWで、太陽光発電電力変換効率は95%です。 入力可能な電力の関係上、パワーステーションに接続可能な各モジュールの最大接続可能枚数は、HIT245αで24.5枚、HIT240αで25枚、HIT240で25枚、HIT233で26枚です。 そして、自立運転時は、定格電圧が交流101±6Vと202±12Vの2種類で、電気方式は単相3線式のみ、定格出力皮相電力が2.0kVAです。(約1.5~2.0kW) 運転音が45dB以下で、外形寸法は横630mm×縦(高さ)1700mm×奥行き250mmです。(本体+ベース) また、重さは、約102kg(本体が約55kg、ベースが約47kg)です。 以上が、停電時100V/200V出力タイプのパワーステーションについてのご説明でした。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2019/02/01
    【Panasonicの製品について Panasonicの蓄電池(創蓄連携システム)】 120.パワーステーション(100V出力タイプ)≪XLJP25522/255228≫について
    昨日も触れましたが今日から春季キャンプ。 夜のスポーツニュースを見るのが楽しみです。 広島で蓄電池のことならノスコがイチバン! NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社の久留島です。   早速ですが、Panasonicの蓄電池(創蓄連携システムタイプ)に関して、今回のテーマは『パワーステーション(100V出力タイプ)<LJPB21A/ LJPB22A >について』です。   パワーステーションとは、太陽光発電と蓄電池とのパワーコンディショナーをまとめた一体型の変電設備です。 なお、今回取り上げる創蓄連携システムは100V出力タイプです。 これは停電時の自立運転の際に100Vの出力しかないのでオール電化への給電が出来ませんし、エネファームからの電源供給も出来ません。 しかし、このパワーステーションにトランスユニットを追加すると、200V機器の使用が可能になりますので、エアコンなども使用することができ、幅が広がりますね。   さて、こちらのタイプにも前回のパワーステーションに引き続き、「一般仕様」と「耐塩害仕様」のバリエーションがあります。 耐塩害仕様であれば、海岸線から300m以内の場所でも設置することができます。   ただし、それ以外の基本性能は同じです。 太陽光発電からの入力は4系統まで可能で、蓄電池への充電の定格電力は1.5kW、蓄電池からの放電の定格電力は2.0kWです。 系統への出力電圧は交流202Vで、電気方式は単相2線式(単相3線式配電線に連携)です。また太陽光発電のパワーコンディショナーの機能としては、定格出力が5.5kWで、太陽光発電電力変換効率は96%です。   そして自立運転時は、定格電圧が交流101±6Vで、電気方式は単相2線式のみ、定格出力皮相電力が2.0kVAです。   運転音は45dB以下であり、外形寸法は横549mm×縦(高さ)776mm×奥行き195mmです。(本体+ベースの大きさ) また、重さは、約39.5kg(耐塩害仕様40kg)です。   最後に気になる価格ですが、定価で、一般仕様モデルが65万円で、耐塩害仕様モデルが68万円です。   以上が、停電時100V出力タイプのパワーステーションについてのご説明でした。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCO(ノスコ)ライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

ページトップ