スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ

BLOGスタッフブログ

  • 2018/11/09
    【蓄電池の基礎知識】 13.設置の工事について(設置、分電盤の改修工事、宅内リモコンの設置)
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『設置の工事について(設置、分電盤の改修工事、宅内リモコンの設置)』です。 以前も、蓄電池の設置工事については一部触れておりましたが、今回はより具体的な設置工事について、解説をしていきたいと思います。   1)まず蓄電池本体の設置について 屋外設置の場合は、以下の4つの条件に当てはまるような場所は、避けて設置する必要があります。 ・高温多湿の場所 ・日光が直接当たる場所 ・風通しの悪い場所 ・積雪がある場所 また水平に設置できるように、予めコンクリで基礎を作っておき、その上に設置を進めることになります。屋内設置の場合はそんなに問題になりませんが、高温多湿・凸凹した場所は避けて設置場所を決めていきます。   2)分電盤の設置について 屋外設置の場合、壁に穴を空けて室内の分電盤と接続します(停電時に給電する家電製品・部屋の照明等、この時に選定することになります)この設定をしておけば、停電時に自動で給電するので安心ですよね。   停電時に給電する家電製品は、販売スタッフに事前に相談しておけば安心ですよね。分電盤の設置有無・ご自宅の電気設備によっても異なってくる部分がありますので、詳しくはお問い合わせください。   その他、細かい部分ですが、蓄電池を操作するためのリモコン設定も必要となってきます(これは機種によっては本体で直接操作できるので、設置が不要なものもあります)。   現地へのご訪問・調査は無料で行わせていただいております。気になることがありましたらお問い合わせくださいね。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/08
    【蓄電池の基礎知識】 12.非常時の備えとして(太陽光発電の弱点を補う)
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『非常時の備えとして(太陽光発電の弱点を補う)』です。 太陽光発電を設置している皆様、または設置を検討している皆様、災害時でも太陽光発電があれば安心だと期待していませんか?   雨や曇りの日は太陽光が弱まってしまい発電量が落ちます。 さらに、夜間はまったく発電してくれません。   もちろん晴れている日中は、太陽光発電の「自立運転モード」で電源を確保できますが、 天候の悪い日や夜間の災害時には活躍してくれません。 そもそも電気を使う必要があるのは真っ暗になってしまう夜間ですよね。 それでは非常時の対策としては、不十分ではないですか?   そこで、万全の停電対策として蓄電池が活躍します。 天候の悪い日や夜間に使えないという太陽光の弱点を補ってくれます。 蓄電池に貯めていた電気を、停電時に使えるので、灯りや空調も確保できますし、 テレビや携帯電話を充電により、情報を得る事ができます。   さらに太陽光と組み合わせて日中に発電した電気を夜間に使う事で、長期間の停電にも対応できます!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/08
    【蓄電池の基礎知識】 11.環境メリットについて(太陽光発電との連携)
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『環境メリットについて(太陽光発電との連携)』です。 前回は、安い深夜の電気を活用することで得られる「経済メリット」について、実際の計算もふまえてご紹介いたしました。今回は、蓄電池で得られる「環境メリット」について、お伝えしていきたいと思います。   文字通り太陽光で発電した電気を、蓄電池に貯めて夜に使うことで「なるべく電気を買わない生活」を目指すのが特徴でした。 電力会社が供給している電気は、主に火力発電で作られており、その過程でCO2などの温室効果ガスを出しています。この電気を買わないことで温室効果ガスの総排出量は削減され、環境にやさしいわけですね!   なので、蓄電池を導入して太陽光発電と連携し、買う電気の量を減らすことで光熱費を下げるだけでなく、エコで環境にやさしい生活を送ることができますよね。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/07
    【蓄電池の基礎知識】 10.経済メリットについて(計算方法・電気プランの変更)
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『経済メリットについて(計算方法・電気プランの変更)』です。 実はこの蓄電池、停電時にしか活躍しないと思ったら大間違い! 蓄電池に電気を貯めたり、使ったりすることで、光熱費が安く抑えることができます。   では実際に、どのようにして「安くなる」のか考えてみましょう。   「時間帯のよって料金の異なる電気プラン」をご存知ですか? 深夜の電気代が安くなるプランです。 それを蓄電池で活用する事によって、光熱費が安くなります!   中国電力での「電力ナイト・セレクト」といったプランでは、日中の電気代が21.87円~/kWhで、 深夜の電気代が10.08円となります。 (参考URL:http://www.energia.co.jp/elec/h_menu/pricelist/pricelist2.html) このプランの特徴を活かして、安い深夜の電気を蓄電池に貯めて、電気代の高い昼間に使用する事で、その差額で光熱費を抑える事ができます。   では、具体的いくら光熱費が安くなるのか、モデルケースを使って計算してみましょう。 【モデルケース】 ・1ヶ月を30日とする。 ・1ヶ月の電気使用量は、一般的家庭の平均の300kWhとする。 ・昼(9:00~21:00)と夜(21:00~9:00)との電気使用量割合を一般家庭の平均である5:5とする。 ・設置している蓄電池は5kWhとし、実質蓄電容量は4kWhとする。 ・中国電力の電気料金プラン「電力ナイト・セレクト」を利用するものとする。 ・ 1.「電力ナイト・セレクト」で蓄電池を活用しない場合 昼間時間:(90*21.87)+(60*28.91)=3702.9 夜間時間:(150*10.08)=1512 3702.9+1512=5214.9(円/月)   2.「電力ナイト・セレクト」で蓄電池を活用する場合 設置している蓄電池は5kWhとし、実質蓄電できる容量は4kWhとするので、 一ヶ月の蓄電池で深夜電力を活用できる量の合計は、4kWh×30日で120kWhとなります。 昼間に買っていた電気の代わりに、深夜の電気を蓄電池に120kWh充電するので、深夜の電気の購入量は270kWh、昼間の購入量は30kWhとなります。 これらを計算すると、1か月の電気代は以下のようになります。 昼間時間:(30*21.87)=656.1 夜間時間:(270*10.08)=2721.6 656.1+2721.6=3377.7(円/月)   つまり「電力ナイト・セレクト」で蓄電池を活用した場合、月間の経済メリットは1837.2円となり、年間の経済メリットは、22,046.4円となります。 当然、蓄電池の容量がより大きくなれば、その分経済メリットも大きく出る形となります。   少しややこしいですよね…。電気料金の明細が書かれているもの(毎月の検針票など)をお持ちいただければ、より正確な経済メリットを計算させていただきますね。   ちなみに太陽光で発電した電気を蓄電池に貯める事でも、経済メリットを算出することができます! ご自宅でどのくらいの蓄電池を設置することで、どのくらいのメリットが出るのか?を知りたいという方は、お気軽にお問い合わせください。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/07
    【蓄電池の基礎知識】 9.導入にかかる費用・価格について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『導入にかかる費用について』です。 前回の記事では、蓄電池の「機器ごとの価格」についてお伝えしましたが、 実際の設置には「機器」を設置・運用するための工事費として、追加で費用が掛かってきます。 Panasonicの「スタンドアロン型」等を除けば、ほぼすべての商品で工事が発生するものですので、しっかり覚えておきましょう。   単に蓄電池の工事といっても、太陽光発電導入の時のように様々な工程があるため、順を追ってご紹介いたします。   まずは「①蓄電池自体の搬入」です。蓄電池は意外と重く、大容量のものであれば100㎏~200㎏ほどあるため、2人・3人の工事スタッフによる大がかりな搬入となります。 また「②分電盤の工事」も必要です。蓄電池への充電・蓄電池からの放電を行う分電盤を設置し、 既存の分電盤との接続、その分電盤と非常時に使用する配線を繋ぐ工事と、合計3種類の作業が必要となります。 さらに屋外に設置する場合、蓄電池本体を置くための「③基礎工事」や、屋内の分電盤と屋外の蓄電池を繋ぐための「④配線工事」なども必要となります。   設置する機種や、ご自宅の状況によっても変化しますが、一般的な工事費用としては、①~④全てでおおよそ20~30万円程度必要になります。   「工事代」が多く必要になると言って、高額な導入費を請求しようとする会社も少なくありません。 心配なときは、お近くの販売店にお問い合わせするのが良いのではないでしょうか。   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/06
    【蓄電池の基礎知識】 8.蓄電池の価格 ~各メーカー別編~
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『蓄電池の価格~各メーカー別編~』です。   前回、前々回と「蓄電池の価格」や「補助金」についてお伝えしました。 今回は、各メーカーのカタログに掲載されている「商品ごとの定価」についてまとめておりますので、ご紹介いたします。   現在流通している主な製品について、以下の表にまとめましたので、ご確認ください。   品番 容量 価格 kWhあたりの価格 オムロン KP-BU65-A 6.5kWh ¥2,660,000 ¥409,231   KP-BU98-B 9.8kWh ¥3,020,000 ¥308,163 長州産業 CB-LMK64A 6.4kWh ¥2,400,000 ¥375,000 Panasonic LJB1156B 5.4kWh ¥1,040,000 ¥192,593 4Rエナジー EHB-240A040 12kWh ¥3,350,000 ¥279,167 SHARP JH-WB1622 4.2kWh ¥1,800,000 ¥428,571   JH-WB1821 8.4kWh ¥2,910,000 ¥346,429   JH-WB1711 6.5kWh ¥2,300,000 ¥353,846 伊藤忠商事 LL3098HOS 9.8kWh ¥2,850,000 ¥290,816 ニチコン ESS-H1L 12kWh ¥4,200,000 ¥350,000   ESS-U2L 12kWh ¥3,700,000 ¥308,333   ESS-U2M 11.1kWh \3,20,,000 \288,288 京セラ EGS-LM1201 12kWh ¥3,700,000 ¥308,333   EGS-ML0650 6.5kWh ¥2,700,000 ¥415,385   実際に設置する場合は、さらに追加費用として工事費がかかってきます。 この工事費に関しては、次回詳しく解説しますね!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/06
    【蓄電池の基礎知識】 7.蓄電池の補助金について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『蓄電池の補助金について』です。   前回は、蓄電池の市場価格について解説させていただきました。 このブログをお読みの方は聞かれたことがある方も多いと思いますが、蓄電池も決して安くはありません。 ただし国としても大規模の補助金を出すなど、生産・販売を後押ししてきた背景がありました。   2015年までは蓄電池の補助金が交付されておりましたが、申請が殺到し、予算額を使い果たして終了してしまいました。   広島でも下記の地域においては、いまでも蓄電池単体に対して補助金が交付されておりますので、該当地域にお住まいの方はチェックしてみてくださいね! 東広島市、廿日市市、広島県   国の補助金の再開や、各自治体から補助金への情報収集は、導入する上でとても大事になってきます。 もちろん、このブログでも補助金などの最新情報を、どんどんお伝えしていきます! ぜひ補助金を活用して、お得に蓄電池を導入してください!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/05
    【蓄電池の基礎知識】 6.蓄電池の市場価格について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『蓄電池の市場価格について』です。 全社における平均・相場など、まだはっきりとわかっていないのがこの市場価格です。 ただし全体で考えてみれば、商品の普及による量産化などで、間違いなく太陽光・蓄電池の価格は下がっていっています。   特に住宅用太陽光は非常に大きな価格の変化がありました。10年前、50万/kW前後でしたが、固定価格買い取り制度などの影響により、現在は1kWあたり20万円前後が相場といわれており、10年間でおよそ半額近くにまで価格が下がっています。   蓄電池の価格(万円/kWh)は現在、10~30万円と言われています。5年前に比べると少しは安くなりましたが、ここ数年はあまり下がっておりません。ご家庭で消費する1日の電気がおよそ10kWhなので、全てまかなうと、100万円から300万円と高価になってしまいます。 その理由として、素材が貴重である事と、需要の増加があります。   リチウムイオン蓄電池の素材である「リチウム」と「コバルト」は、ともにレアメタルであり、非常に高価です。 電気自動車にもリチウムイオン蓄電池は使われており、需要は増えていく中で、供給量が限られているということが決まっており、そのため蓄電池の価格は今後も落ちないであろうと言われています。   何となく「待っていると価格が安くなるのでは…」と思われそうなのですが、むしろ現在の需要と供給のバランスを考えると、値上がりするかもしれませんね!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/05
    【蓄電池の基礎知識】 5.出力について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『出力について』です。 前々回で少しだけ「出力(kW)」について解説させていただきました。 「結局のところ、停電時にどの家電製品が使えるの?」「私の家ではどのくらいの出力があればいいの?」と気になりますよね。 そこで今回は、「出力」について、テーマを絞って詳しく解説させていただきます。   「出力」についても前回の「容量」と同じく、 蓄電池の選ぶポイントは、他の家電と一緒で、各ご家庭の人数や年齢など使い方によって変わります。 「停電時の備えとして、停電時の使いたい家電は?どの部屋で電気を付けるか?」を考えると、必要な出力が見えてきます。   こちらが一般的な家電製品の出力となります。 あくまで一例ですので、正確な数値は、お使いの製品をご確認ください。 照明:50W エアコン(冷房):650W(※) エアコン(暖房):750W(※) テレビ:150W こたつ(弱):100W ホットカーペット(3畳用):800W 冷蔵庫(40L):190W 電子レンジ:1500W 洗濯機(8kg):600W 電気ケトル:250W 携帯電話の充電:15W IH調理器(弱):700W パソコン:100W   具体例を挙げて考えてみましょう。出力が6kWの蓄電池ならば、上記の中から合計6000Wまで同時に使えます。 つまり、照明3部屋・エアコン・テレビ・冷蔵庫・電気ケトル・携帯電話の充電・パソコンが、停電時でも3時間連続で使用することが可能です。これだけ使えれば、停電時でも安心ですよね!   しかし、高出力の電子レンジやIHは同時に使う事は難しいので、 停電時も不自由なく料理などをしたい方はより、高出力のものをお選び下さい。   蓄電池を購入する前に、停電時にどの家電を使いたいかイメージしてみてはいかがでしょうか?   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com   <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町
  • 2018/11/02
    【蓄電池の基礎知識】 4.容量について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『容量について』です。 前回,『kW(出力)とkWh(容量)の違い』についてお伝えしておりましたが、いかがでしたか? 今回はもっと深くこの蓄電池の”容量”について,詳しく解説をできればと思っております。   蓄電池の容量は3kWh~12kWhまで、大小バリエーションは多種多様です。ひとくちに蓄電池といっても、どの容量が適切なのか、よく分からないと思いませんか? ある程度金額が容量に比例はしてきますが、それも製品機能・工事費などでも変わってきます。 「私のうちではどの容量を買えばいいの?」というお問い合わせを多数いただいております。   蓄電池の選ぶポイントは、各ご家庭の人数や年齢など使い方によって変わります。 例えば、冷蔵庫なら、「運動部の3人兄弟が食べ盛りで、食材をたくさん入れられる大容量がいい」「夫婦二人でほとんど外食だから、小さいもので十分OK」などと決めるのではないでしょうか。   実は、蓄電池選びでもほとんど同じ。 ・昼の高い電気を、深夜の安い電気でまかなう場合、「昼間の電気使用量」は? ・太陽光で作った電気を蓄電池に貯めて夜も使う場合、「夜の電気使用量」は? ・停電時の備えとして「停電時の使いたい家電製品」は?停電時どの部屋で電気を付けるか? 等々…実際の用途を考えてみると、必要な容量が見えてくるはずです。   今ですと容量は7~8kWhが一般的になってくるのではないでしょうか。 停電時に短時間しか使えなかったり、十分に経済メリットが出せなかったりします。 逆に、必要な容量よりも大型のものであっても、太陽光の搭載容量が小さかったりするとキャパシティを十分に活用できずに持て余してしまうことになるため、もったいないでしょう。   蓄電池を導入する際には一度、ご家庭の電気をどの程度・どの時間帯に使用しているか?見直すことをお勧めしています。     <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com     <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町  
  • 2018/11/02
    【蓄電池の基礎知識】 3.kWとkWhの違い
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『kWとkWhの違い』です。 kWとkWhは電気の単位のことですが、 この2つ、「見た目も似ていて、正直よく分からない!」とよくお声をいただいております。   検針票にも記載があるので目にする機会がないわけでもないと思います。 しかし、それがどういう意味なのか理解できている人は決して多くはないと思っております。 特に今回のkWとkWhは、似ていて混同しやすい単位ですね。   そこで今回は、この2つについて、なるべくカンタンに・分かりやすく解説したいと思います。   まずは「kW」についてです。この単位は電気の”出力”のことで、電気が出ていく”強さ”ということができるでしょう。 “シャワーから出る水の勢い”だとイメージしていただくと分かりやすいのではないでしょうか? 電子レンジとオーブンで調理中に、ドライヤーなどの高出力の製品を使ってしまうと、家のブレーカーが落ちてしまうことがありますよね。 これは「一度に消費する電力」が「設定していたご家庭の出力」を超えたので、安全のため電気を遮断した状態です。 また、コンセントなどに「合計で1500W以下」などと書いてありますよね。これも同じ”出力”のことです。   もう一つの「kWh」は電気の”容量”の単位です。ズバリ、こちらは「どれだけ多くの電気を充電して使えるか?」を表しているのです。 “浴槽に入れる事ができる水量”だと考えると、想像しやすいかもしれません。 この”浴槽”、すなわち電池が大きければ大きいほど、このkWh(容量)は大きくなるのです。   容量の「kWh」、出力の「kW」。似ていて少しややこしいですが、「h」の意味さえ分かれば全く問題はありません。 この「h」は「時間(アワー)」を示しておりますので「kWh」は「出力(kW)を一時間(h)使った単位」となります。シャワーから水を1時間出しっぱなしにした時、浴槽にたまる水とイメージしてください。   つまり、1kWを一時間(1h)使いたい時に必要な容量は1kWhです。 逆に3kWhの蓄電池ならば、1kWで3時間出し続けた電気を貯める事ができます。   どうでしょうか?意外とカンタンですよね。 このブログを読み、蓄電池だけでなく電化製品や電気そのものについても、理解を深めてもらえればと思います。     <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ!hiroshima-info@n-lifenet.com     <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町  
  • 2018/11/01
    【蓄電池の基礎知識】 2.蓄電池の素材について
    皆さま、こんにちは。 広島で蓄電池のことならNOSCOがイチバン! NOSCOライフネットサービス株式会社の久留島です。   今回のテーマは『蓄電池の素材について』です。 電池には、一次電池と二次電池があります。聞かれたことのある方もいらっしゃいますよね。 カンタンに言うと「使い切りで、一回しか使えないもの」が一次電池、「一回だけでなく、繰り返し使えるもの」が二次電池です。 私たちが主に取り扱っている蓄電池は、繰り返し使える「二次電池」にあたります。   この蓄電池には、実は様々な素材があります。   代表的な二次電池の素材は「リチウムイオン」と「鉛」です。 家庭用の蓄電池で最も素材になっているのが「リチウムイオン」。 「鉛」はよく自家用車のバッテリーに使われていますので、恐らくなじみはあるのではないでしょうか。   蓄電池は素材ごとに「電気の使い方」の得手・不得手があります。 「鉛」の電池は主に、自動車のバッテリーとして主にエンジンを始動するのに使われており、「短時間・少量」の放電に向いています。逆に長時間に大容量の放電には不向きでしょう。ですから、車でエンジンをかけず照明やエアコンを長時間付けっぱなしにていると、バッテリーが上がってしまいますよね。   一方、「リチウムイオン」製の蓄電池の特性は、「長時間・大容量」の放電に向いています。 照明や冷蔵庫、エアコンなど身近な家電製品を長く使いたいのであれば、「鉛電池」よりも「リチウムイオン蓄電池の方があっていると言えます。 ちなみに、お手持ちのスマホやノートPCに使われている電池も、そのほとんどが「リチウムイオン蓄電池」です。意外と蓄電池って身近なところに使われているんですよ!   <広島で蓄電池の導入を検討されていらっしゃる方へ> ご相談・お問合せ・お見積は”NOSCOライフネットサービス株式会社”まで、お気軽にどうぞ! hiroshima-info@n-lifenet.com <対応可能エリア> 広島市/呉市/竹原市/尾道市/福山市/府中市/三次市/庄原市/大竹市/東広島市/廿日市市/安芸高田市/江田島市/府中町/海田町/熊野町/坂町/安芸太田町/北広島町/大崎上島町/世羅町/神石高原町

ページトップ