スマートハウスについて

  1. HOME
  2. スマートハウスについて

SMART HOUSEITで家庭の電力消費を最適化するスマートハウス

太陽光発電システムや蓄電池、家電や照明、住宅機器をITの力で集中制御して、家庭での電力使用量を適切に保ち、同時に炭酸ガス排出削減を図ることのできる“賢い家”──それがスマートハウス。
こちらでは広島・岡山・山口・島根で太陽光発電システムの導入からメンテナンス、蓄電池の販売を手がける「NOSCOライフネットサービス株式会社」が、最新のトレンドであるスマートハウスの特徴やその頭脳として機能するエネルギー管理システム「HEMS(ヘムス)」について解説します。

スマートハウスの特長FEATURES OF SMART HOUSE

ITを駆使した創エネ・省エネの家

ITを駆使した創エネ・省エネの家

太陽光発電システムは文字通り発電に特化したシステムですが、そこで作り出された電力をより効率的に活用できるよう、発電と電力消費をトータルで監視し、制御する仕組みを備えた家がスマートハウスです。
高度なITテクノロジーにより、創エネと省エネを最適化することができるこの次世代システムは、低炭素時代の本格化とともに住宅の標準モデルとして定着するでしょう。
創エネ・省エネでありながら地球にも優しい、それがスマートハウスの最大の特徴です。

太陽光発電システムとの相性が抜群

太陽光発電システムとの相性が抜群

太陽光発電と蓄電池の組み合わせは、発電のない夜間でも蓄えた電力を使える優れたコンビネーションです。
しかし、スマートハウスではさらに、安価な深夜電力を蓄え、電力消費量の多い時間帯やシーズンに回すことができるという優れた特長を持っています。
とりわけ、1日を通して電力消費の平準化を図るこの「ピークシフト」という機能は、太陽光発電システムとの相性が抜群。
これからの創エネ、省エネ住宅の標準となるのがまさにこのスマートハウスと言えるでしょう。

スマートハウスの頭脳「HEMS(ヘムス)」THE SMART HOUSE'S BRAIN "HEMS"

発電量や電力消費量、料金を見える化し、一層の省エネを可能に

発電量や電力消費量、料金を見える化し、一層の省エネを可能に

スマートハウスの頭脳として機能するエネルギー管理システムが「HEMS(ヘムス)」。
スマートハウスはそれ自体がオートで稼働しますが、一方でHEMSには住まいのエネルギー利用(発電量・消費量・料金など)をディスプレイ上にリアルタイムで表示する=見える化する機能が搭載されているので、そこに暮らす人の省エネ意識を高め、節電へのアクションを積極的にする効果も期待できます。
たとえば、人は自分の血圧が高いと知れば、塩分を控えたり、運動したりして、血圧を下げようとしますが、同じようなフィードバック効果がHEMSの見える化にもあると言えるでしょう。

外出先からも電力消費をコントロール。生活がより便利に

外出先からも電力消費をコントロール。生活がより便利に

HEMSは発電と電力消費を監視し、省エネ効果を最適化するだけのシステムではありません。
今後さらに開発が進めば、ごく近い将来にもスマホ(スマートフォン)などで外出先からも自宅の家電を遠隔操作できるようになります。
ほかにも、暮らしをより便利にする多彩なネットワークサービスとの連携も期待できるでしょう。

弊社へのお問い合わせはこちらから

NEWSお知らせ

お知らせ一覧

ページトップ