蓄電池導入のメリット・デメリット

  1. HOME
  2. 蓄電池導入のメリット・デメリット

MERIT DEMERIT蓄電池を太陽光発電システムに導入する
メリット・デメリットとは

太陽光発電システムと組み合わせることで発電のない時間帯でも蓄えた電力の活用を可能にするのが蓄電池。
こちらでは、広島・岡山・山口・島根エリアを中心に太陽光発電システムを手がける「NOSCOライフネットサービス株式会社」が蓄電池導入のメリットとデメリットについて詳しく解説しています。
これから太陽光発電システムを導入しようと考えている方、既存のシステムに蓄電池を新設しようと検討中の方はぜひ参考になさってください。

蓄電池導入のメリットMERIT

その1.蓄えた電力を発電のない夜間帯でも活用できる

太陽光発電システムは構造上、日照のない夜間帯は発電しません。
しかし、蓄電池を組み合わせれば日中に発電した電力の一部を蓄えられるので夜間はその分で家庭の照明や家電品を稼働させられます。
電力会社から電気を買わずに済むので光熱費も浮き、経済的です。

その2.災害時、停電時でも電気が使えるので安心

その2.災害時、停電時でも電気が使えるので安心

地震や台風などで停電することがあっても、蓄電池に電力が蓄えられていれば通常通りの暮らしを継続できます。
しかも、日中であれば“発電⇒蓄電”を行えるので、停電が長く続くような状況でも安心。
蓄電池は非常用電源としても最適です。

その3.パワーコンディショナーの買い替えは蓄電池一体型がおすすめ

その3.パワーコンディショナーの買い替えは蓄電池一体型がおすすめ

すでに太陽光発電システムを設置済みで、パワーコンディショナー(パワコン)の買い替えを検討しているなら、蓄電池一体型を導入すれば一挙両得。
しかも、場所も取りません。ケースによっては、最新のパワコン、蓄電池の組み合わせで発電量、売電量がアップすることも。

蓄電池導入のデメリットDEMERIT

その1.蓄えられる電力量に上限がある

その1.蓄えられる電力量に上限がある

蓄電池に限らず、どんな電池でも容量=放電できる電力量には上限があります。
したがって貯めた電力より、使う電力が多ければ発電⇒蓄電するまで稼働できません。
蓄電池の容量を知って、電力使用をコントロールする知恵が必要です。

その2.交換が必要

その2.交換が必要

どんな製品にも耐用年数があります。
それは蓄電池でも同じ。
しかも充放電を繰り返していけばやがて性能は徐々に低下していきます。
システム全体のパフォーマンスを維持するには、適切な時期に蓄電池を交換することが必要です。

その3.設置場所を選ぶ

その3.設置場所を選ぶ

蓄電池は高温下や低温下では本来の性能を発揮できません。
また湿気が多く、結露が生じやすい場所に置いておくと劣化が進みます。
適切な設置環境を選びましょう。
また、蓄電池はサイズも大きく、場所を取ります。
十分なスペースを確保したいところです。

弊社へのお問い合わせはこちらから

NEWSお知らせ

お知らせ一覧

ページトップ